【サスティナブル】って何?持続可能でエコな買い物の8つのアイデアとおすすめヨガマット
エコなアイテム サスティナビリティ

【サスティナブル】って何?持続可能でエコな買い物の8つのアイデアとおすすめヨガマット

エコ先進国ドイツでは、Nachhaltigkeit(ナッハハルティヒカイト)・nachhaltig(ナッハハルティヒ)という言葉が日常的に使われています。  Nachhaltigkeit(ドイツ語) Sustainability(英語) 持続可能性(日本語) 最近よく耳にする【サスティナビリティ】を要約すると長い期間持続する効果のことです。未来に長く続く持続可能な地球を守るため、いかに環境に与える悪影響を抑えるか、環境保護につながるエコなことなどが【サスティナビリティ(持続可能性)】なのです。 私自身意識するようになったきっかけは、旦那さんが愛用していたnachhaltig(持続可能な)洋服でした。値段が少し高めですがそれ相応の肌触り・着心地・物持ち(扱いは大事)が良いのでそれだけの価値が十分にあります。素材ひとつにしても、リサイクル素材を使って限りある資源を守ったり、国内やなるべく近くの国で収穫・生産された素材を使うことによってトランスポートの距離を減らして、地球温暖化の原因となる排気ガスなどを削減したりしているのです。 デメリットはない?【オーガニックコットン】安いコットンの抱える深刻な問題   サスティナブル(持続可能)な商品でエコな買い物を Nachhaltiges Leben(持続可能な生活)は日々の中で心がけることから始まります。その心がけ次第で、どれだけの自然を守れるのか、地球温暖化を抑制できるのか、限りある資源を守れるのか変わってきます。それはもちろん人数によっても大きく左右されるのです。 私自身、日本にいるころは「当たり前」になっていたことが、ドイツという「違う環境」で生活することで「当たり前になってはいけない」ことの存在に気が付きました。 自分の「当たり前」を変えることは簡単なことではありませんが、なんで?と疑問(興味)を持って、今現在私たちが置かれている状況や環境破壊の事実を知ることで、その当たり前を変える行動は簡単になると思います。 この記事では一番身近といっても過言ではない、お買い物を地球に・自然に・そして人にやさしくできるようなアイデアをまとめています。 買い物時に気を付けられる8つのエコなこと なるべく包装の少ない商品を選ぶ 長持ちするものを買う ポリ袋の代わりに再利用できるエコバックを使う リサイクルショップ・セカンドハンドショップなどで買い物する... Read More
【ドイツのクリスマス】は26日まで?誰と過ごす?何をする?
クリスマス

【ドイツのクリスマス】は26日まで?誰と過ごす?何をする?

Advent(アドヴェント)が終わり、12月24日の夜はDer Heilige Abend(聖なる夜)でありイエス・キリストが誕生した25日の前夜です。 日本では大抵クリスマス・イブと呼ばれますが、このイブは英語のイブニング(夜)の略ですよね。 アドヴェントとは何? 2020年はコロナウイルスの影響で毎年大にぎわいのドイツの12月も完全に自粛モードです。11月から延長されたロックダウンは強化され12月に突入したものの、あまり良い結果を得られずに12月16日には生活必需品を扱うお店以外は閉まり、街から人がどっと減りました。 クリスマス前の天気はというと、一桁代だった気温がここ数日また上がって13度ほどに。庭の花が咲いたり気候変動をまた強く実感しました。 日本の「クリスマス」はキリスト教徒以外にとっては、ひとつのイベント化とされていますが、この記事ではドイツにとってクリスマスはどんなものなのかをご紹介したいと思います。   ドイツのクリスマスの祝日 12月24日は実は祝日ではないのですが、聖なる夜を迎えるためにたいていのお店などはお昼過ぎに閉まります。そして25日が1.Weihnachtstag(第一クリスマスの日)、26日は2.Weihnachtstag(第二クリスマスの日)としてドイツや多くのヨーロッパの国々では祝日になっています。 聖ステファノの日(St. Stephen’s DayまたはFeast of Saint Stephen)は、キリスト教における聖名祝日の1つ。最初の殉教者(protomartyr)聖ステファノを記念するものであり、西方教会では12月26日に、東方教会では12月27日に祝われる。(引用:Wikipedia.jp) どうなるドイツのクリスマス?【クリスマスマーケット】にはどんなお店や食べ物がある? ドイツのクリスマスは誰と祝う?... Read More
サランラップ?クレラップ?塩分を含んだラップとは。使いすぎを控えて環境保護
エコ エコなアイテム

サランラップ?クレラップ?塩分を含んだラップとは。使いすぎを控えて環境保護

とても便利なラップですが、みなさんはご自宅に常備していますか?基本的に使い捨てるこのラップもまた地球温暖化の原因になったりと環境に悪影響ですが、それ以外にも無意識にしている行動が実は健康的に悪影響であることをご存知でしょうか? 今何の健康被害もないから大丈夫と思っていても、その習慣を続けることによって何十年後に何かの病気の原因となっているかもしれません。環境にとってはプラの利用が増えればゴミが増え、二酸化炭素が増え、地球はどんどんと汚されていきます。 一人一人がしっかり使い方を守ること、 できる限り利用を減らすことが大切ではないでしょうか?この記事では食品用ラップについてまとめています。   ラップを使いすぎた結果、環境への影響は? 食品用ラップの素材は大きく分けるとプラスチックですが、2020年はポリ袋が有料化されたり、使い捨てのストローが紙製に変わったりと、減プラスチックの運動は少しずつですが活発になってきています。 【レジ袋有料化】日本人はプラスチックが好きなわけじゃない。ただ存在が当たり前になっているだけ。 ダイオキシンの話は本当? 今回の話題である「食品用ラップ」の中で問題視されているのは燃やすことによって発生するダイオキシンでしょうか。しかしそれは全てのラップに当てはまるわけではなく、塩素の含まれたラップがそれを燃やすことでダイオキシンは発生させるのです。 またダイオキシンは800℃以上の高温で完全燃焼されれば発生しないそうで、現在の日本の焼却炉は850~900℃なのでダイオキシン発生の心配はないそうです。 (参考:🌱ラップの素材を比較!原料の種類による違いとは?【ポリ塩化ビニリデン/ポリ塩化ビニル/ポリエチレン/ポリオフィレン】)🌱脱・焼却の戦略示せ ごみをどうする(中) ラップのごみ問題 ほとんどの人がラップは使い捨てているのではないでしょうか?また家庭で出たラップのごみは資源ごみとして回収されないためリサイクルされることはなく、可燃ごみとして燃やされてまた1から生産することになります。 つまりラップが必要とされる限り、製造・使用・燃やすことでたくさんの二酸化炭素を排出し続けることにつながるのです。 ラップの原料は限られた資源 使われている割合は違うものの、ラップの原料として使われているのは石油です。ラップの需要が増えれば増えるほどこの限られた資源が消費され続けるのです。 石油は外国からの輸入に頼っている話... Read More
Uncategorized

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「かきくけこ」

普段からゴミ(廃棄物)を増やしてやろう、と思って生活している人はいないと思います。たいていの場合、無意識に増えてしまっているのがゴミ(廃棄物)ですよね。 そんな無意識に増えてしまうゴミは減らせる可能性がとっても高いです。そして1人でも多くの人が、1つでも多くのゴミを減らすことによって、ゴミ問題・環境問題は緩和されていきます。しかし無意識にしてしまう習慣を変えるのには、意識的な行動が継続的に必要ですよね。 例えば私自身、ラップを日常的に使っていましたが今では一切使わずにラップのゴミをゼロにして生活できています。その私の習慣を変えたのは、「ラップ」という言葉を意識して「ラップ=ゴミが増える=他のもので代用する」という考えをラップを使おうとしたときに思い浮かべる習慣を作ったことです。私自身ラップは毎日のように使っていたので、思い浮かべる頻度も高く、割とすぐに使わずに生活できるようになりました。 この記事では、キーワードごとにゴミ(廃棄物)を減らすアイデアをまとめているので、その言葉を意識することによって、この記事を読んでくださっている方が普段何気なくしていること・・・それが知らない間にゴミ(廃棄物)を増やすきっかけになっていれば、それをひとつでも減らし結果ゴミをひとつでも減らす手助けになれば嬉しいです。   ゴミ(廃棄物)を減らす「かきくけこ」 地球温暖化が進んでまず被害に合うのは自然の働きです。それが進んでいけばいずれは人間にも影響を及ぼすことを考えることも大事です。現在はその場しのぎで影響も大きく受けないかもしれませんが、このまま変わらずにいれば、未来を生きる人間・動物は今の様には生活できません。 自分一人だけゴミを減らそうとしたところでゼロに近いと考えるのではなく、自分ひとりでも行動に移せばゴミは一つであっても減ります。自分1人さえやらなければ、いつまで経ってもゴミは増えていくと考えてもいいでしょう。 🌱【ア行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【カ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【サ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【タ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【ナ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【ハ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【マ行】のことばでゴミを減らすアイデア集 【か】環境保護・エコにするアイデア 紙・・・リサイクル紙を使って、紙の消費を減らす! 紙は私たちにとってとても身近なものです。ほぼ全ての人が毎日紙ゴミを出しているのではないでしょうか?紙はゴミになれば燃えるけれど、それを生産するには限りある森林を伐採しなければいけません。 普段使っているトイレットペーパー・ティッシュペーパー・キッチンペーパー・コピー用紙・・・がリサイクル紙かどうかで実は大違い。新しいものを生産するには、新しい資源が必要になるのもそうですが、より多くのエネルギーが必要になります。普段使っているものが、リサイクル紙でなければリサイクル紙のものに変えてみてはいかがでしょうか? 木よりもエコだと言われている「竹」についての記事もチェックしてみてください。 竹は1日に1メートル成長する?実はエコな【竹製品】 家具・・・長持ちするものを購入!アンティーク家具を使ってみる! 家具は長持ちするものを使えば、ゴミを減らすことができるし、新しいものに買い替えずに済みます。そうすれば、新しいものを作るエネルギーや資源の需要も減りますよね。 大量生産され安く販売されている商品の中には、低品質ですぐ壊れてしまうものがあったり、身体に害を及ぼす素材や原料が使われている可能性があります。また、その商品を作っている環境は安全安心なのか、そこで働く人々は過酷な労働状況の中低賃金で働かされていないか、人権について考えることも大切です。 アンティーク家具はいわゆる、誰かが要らなくなったものを再利用する立派なリユーズです。長く持っている(使われた)家具には、特別感やその深みがありますので、良いものを見つけ出すのもひとつの楽しみになるかもしれません。もちろん要らなくなった質の良い家具は、誰かに譲る・売ることもできますよね。... Read More
【使い捨て製品】が2021年ヨーロッパで禁止になる!プラごみを減らして環境・動物を守る
エコ ドイツ

【使い捨て製品】が2021年ヨーロッパで禁止になる!プラごみを減らして環境・動物を守る

2021年7月3日よりヨーロッパ内で、使い捨てプラスチック用品の製造・販売が禁止になることが決定したことをご存知ですか? 2015年~2017年の間には世界中で3,9%ものプラごみが増え、その量はおよそ615万トンだったそうです。 プラスチックにも様々な種類がありますが、中には石油などの化石燃料を使うものもあり製造の時点で限られた資源が使われ、たくさんのエネルギーを要するため地球温暖化の原因となる多くの二酸化炭素が発生してしまうこと、多くが可燃ゴミとして燃やされることで需要が減らない限りまた新しくプラスチックが製造しなければいけないという環境汚染のサイクルが起こっています。 しかしそれはプラごみが与える環境汚染の1つの理由に過ぎません。他にも様々な理由があり、その問題がますます深刻化しているからこそ、ヨーロッパでは長く議論されていたこの決定が来年実現化することになったのです。   どの使い捨て製品が禁止になるの? 使い捨て容器というと様々なものが思い浮かぶかと思いますが、一体どれが禁止となるのでしょうか? ファストフード・テイクアウトで使われているプラ容器(発泡スチロールも含む) プラ食器類(皿・コップ・フォーク・ナイフ・スプーンなど) プラのストロー プラ(ドリンクのミルクや砂糖などを)混ぜるもの プラの綿棒 この規制では、化石燃料から作られた使い捨てのプラスチック禁止に加え、バイオベース・生分解性のプラスチックも禁止になります。 ドイツ包装法の改正 ドイツ国内では2019年1月より包装法の改定がなされ、その結果リサイクル率は格段に上がりました。内容の一部に、その包装が使い捨てか再利用可能なのか消費者は分かりやすいように示されていることなどがあります。 この包装法はすべてのものに適用され、販売用・外装用・サービス用・出荷用・輸送用と様々なものがあり、プラスチック・紙・木材・アルミニウム・複合素材などその種類よっても決まりは異なってきます。 対象となる製造・輸入業者は決められた包装登録簿に登録をし、その包装の収集とリサイクルがどこで行われるのか、包装数量・販売数を定期的に報告することなどが義務付けられています。   なんで使い捨て製品が禁止になるの?... Read More
ドイツのロックダウンは強化され1月末まで延長に【危機感を持つこと】
ドイツ

ドイツのロックダウンは強化され1月末まで延長に【危機感を持つこと】

ドイツでは1月5日にメルケル首相と各州首相による話し合いが行われ、1月10日まで定められていたコロナウイルスに関する措置がさらに強化され、1月31日まで延期されることに決まりました。 追加されたものの中には・・・ 私的な集まりは自分の世帯ともう1世帯最大1人まで 過去7日間の人口10万人当たりの新規感染者数が200人を超えた市郡では移動は原則自宅から15キロメートル以内 ウイルスを破壊するマスク【コロナウイルス】着用すべきマスクは一体どれ?   人口10万人当たり新規感染者が何人という判断基準 ドイツでは過去7日間の人口10万人当たりの新規感染者数を基準に流行を判断をしていますが、去年3月中旬から4月中旬までのロックダウン後、段々と緩まっていった新規感染者数のような数字には届かず、現状10万人当たり100人を超える市郡がほとんどなのです。目標の10万人当たり50人以下という数字にはまだ時間が必要ですね。 東京の陽性率 日本でその数字を当てはめてみると10万人当たりの感染者数は少ないので一見ドイツとは比べ物にならないな・・・と思いきや、検査による陽性率がどうやら東京では大変なことになっているようで調べてみました。(参考:新型コロナウイルス感染症対策サイト) PCR検査実施のキャパシティ 2020年度ドイツが1日に行えるPCR検査のキャパは20万4862件、現在(令和3年1月3日時点)日本が1日に行える検査のキャパは11万2953件の約半数です。 (参考:国内の発生状況など/Laborkapazität für Tests auf das Coronavirus (COVID-19))... Read More
日本と海外【バレンタイン】2021年は手作り?ちょっと環境のことを考えてみる
エコなアイテム

日本と海外【バレンタイン】2021年は手作り?ちょっと環境のことを考えてみる

2月14日はバレンタインデーですが、2021年はどこかにディナーに行くことも難しく、おうちでバレンタインディナーを用意するのもいいかもしれません。 バレンタインは愛の誓いの日であり、お菓子業界が盛り上げているものだとしても、大切な人に改めて愛を伝える日というのは素敵ですよね。 この記事では日本とドイツのバレンタインの違いについてまとめています。   バレンタインの起源 諸説は色々とあるようですが、いずれもローマ帝国時代にさかのぼることは確かです。以下はその中の1つのお話です。 ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、最終的に彼は処刑されたとされる。彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。このためキリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、恋人たちの日となったというのが一般論である。(引用:Wikipedia.jp) ウァレンティヌスまたはヴァレンタインという人物は最終的に処刑されるまで、兵士の恋愛のためにその行為を貫いたということは、それだけ「愛」というものが重要であるかということを今もなお示し続けているのではないでしょうか。 ドイツにもその名に由来する、Valentin(ヴァレンティン)や他の国でも、Valentino(バレンティーノ)という名を持っている人がいるように、キリスト教に由来した名前というのは溢れていますね。日本でも愛子や愛美なども名前が持つ意味の傾向は同じなのではないでしょうか。 日本のバレンタインデーは一味違う ドイツや他の国がバレンタインデーは男性から恋人にプレゼントをすることが主流なのに対し、日本は女性から恋人にプレゼントを渡す風習があります。 それは男性から女性に贈り物をする文化というものが日本には浸透していなかったために定着せず、女性が男性にプレゼントを贈るというキャッチコピーが徐々に流行りだして独自の文化が生まれたからだそうです。(参考:Wikipedia.jp) 料理がその国の好みなどによって変わったりするように、他国の文化が変化するのは特別なことではないですよね。 なんで日本ではチョコレートを渡す? ドイツではバレンタインデーに花を贈るのが主流ですが、日本はチョコレートではないでしょうか?これにもまた諸説があります。 バレンタインデーにチョコレートを渡すのがいいのではと最初に考案して実践したのは、一説に大田区の製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生であるとされる。…[中略]…また原は著書の中で「1958年、当時学生だった私に、パリ在住の商社マンの先輩から寒中ハガキが届いた。そのハガキには「こちら(パリ)にはチョコレートや花、カードなどを贈り合う”バレンタイン”という習慣があります」と書かれていた。早とちりなところのある私は、その文章の「チョコレート」の部分だけに目がいってしまい、うっかり「ヨーロッパは女性が好きな男性にチョコレートを贈る」といった意味に取り違えてしまったのである。」と記している。(引用:Wikipedia.jp) このうっかりから始まった習慣が今もなお受け継がれているのは、一にまずメディアの影響であるとしても、消費者の心を動かし続ける理由はもっと他にもあるのではないでしょうか。 ドイツと日本の愛情表現 人間は十人十色、国民全員がこういう愛情表現をする!と断定するのは不可能ですが、国民の傾向というのは存在するのではないでしょうか?... Read More