ドイツのフリマ【フローマルクト】って何?リサイクルにつながるエコな買い物
サスティナビリティ ドイツ

ドイツのフリマ【フローマルクト】って何?リサイクルにつながるエコな買い物

ドイツで頻繁に開かれている催し物のひとつである、 Flohmarkt(フローマルクト) Trödelmarkt(トゥリューデルマルクト) Marktはマーケットつまり「市場」、Flohは蚤、Trödelはがらくた、という意味でつまりフリーマーケットのことです。 ※もちろんこの時期(2020年5月現在)はコロナウイルスの影響で開かれていません。 日本でも最近はフリマアプリやウェブサイトが充実していて、 メルカリ ヤフオク など、金銭の手続きを代行してくれたり、色んな手厚いサポートがあったりと、誰でも簡単に要らなくなったものを出品したり、必要なものを簡単に探して購入することができますよね。 それらと比較して、Flohmarkt(フローマルクト)の一番の魅力は、商品を手に取って見れることです。 要らなくなったものをフリーマーケットに出して、欲しい人が買うという、リユーズにつながります。 【エコ】廃棄物の処理で気を付けられる6つのチェックポイント!ドイツのリサイクルシステム ドイツのフローマルクト(フリマ)ってどんなもの? フローマルクトの歴史を遡ると、はじめは街が住民の為に主催したものや協会が主催したものが、年に1度か2度開かれるのが一般的だったようです。 アンティーク好きには、ドイツの古いものなどをゲットできるチャンスなので、ドイツに訪れる際は覗いてみるのもいいかもしれません。 「街の名前」+「Flohmarkt」と検索をかければ、近々開催されるフローマルクトの情報が簡単にゲットできます。 フローマルクトの規模 フローマルクトの規模も現在は様々です。 ご近所同士で企画した小規模なもの... Read More
【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「あいうえお」
エコ

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「あいうえお」

世界中のゴミ問題は深刻化しています。なぜなら真剣に向き合っている人がまだまだ少ないから。 長い間問題になっていて、目を背けられるのは自分の生活する範囲に全くまたは、わずかにしか影響が与えられていないために、地球のどこかで起こっているひどい現状には目に留まらないからです。 例えば、ゴミのポイ捨て・不法投棄によって海へとそれらが流れ、ゴミの成分が溶けた出したり、海洋汚染へとつながります。 また、リサイクルされるべき素材(プラスチック・缶・瓶など)はきちんと分別されずに可燃ゴミとして燃やされてしまい、また新たにたくさんの資源とエネルギーを使って生産しなければならないのです。 その生産にかかる資源・エネルギー原料にも限りがあり、全ての生産工程が安全で環境にやさしいとは限らず、自然はどんどんと汚されていくのです。 ゴミ(廃棄物)を減らす あいうえお ひとりひとりがこの問題に真剣に向き合って、1つでもゴミを減らしていけば現状は変わります。その人数を増やすべく、人との意見交換が本当に重要です。なんで、そう考えるのか、なんでそれが重要なのか、それらのなんで?に答えることができますか? 【エコ】廃棄物の処理で気を付けられる6つのチェックポイント!ドイツのリサイクルシステム なんで、ゴミを分別しない人がいると思いますか? 【あ】 環境保護・エコにするアイデア 【あ】 環境保護・エコにするアイデア アルミ缶・・・アルミ缶はリサイクル! アルミ缶を新しく作り出すには、(限りある)資源が必要 アルミの原料であるボーキサイトの生成には、熱帯雨林が適しているため、広範囲の熱帯雨林の伐採が生じる しかしアルミ缶の良いところはリサイクルできるということ。それにかかるエネルギーはとても少なく済みます。 アルミ缶を使ったらきちんと分別し、リサイクルする アルミホイル・・・アルミホイルの利用は最小限に! アルミホイルはゴミとして燃やせば灰になる 製造過程に多くの水力発電が必要なためたくさんのエネルギーを消費してしまう... Read More
ドイツの【オーガニックコスメ】ドクターハウシュカの取り組みは人にはもちろん環境にもやさしい
エコなアイテム ドイツ

ドイツの【オーガニックコスメ】ドクターハウシュカの取り組みは人にはもちろん環境にもやさしい

これまで様々なドイツのエコ事情についてご紹介してきましたが、決して忘れてはいけないのが、ドイツのナチュラルコスメティックです。 ドイツには世界中で愛されているナチュラルコスメのブランドがたくさんあるのです。 ナチュラルコスメは身体に良いだけではなく、作られるその環境が人だけでなく自然にもやさしいとされています。 この記事ではドイツのオーガニックコスメの代表といっても過言ではないくらい有名な、Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)についてご紹介したいと思います。 ドクターハウシュカのコンセプト Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)のウェブサイトには、私たちの肌は自らの力で補給し、再生する。(基礎)化粧品は肌の問題を取り除くこともできなければ取り除くべきではない。と書いてあります。 それにつづき、ドクターハウシュカは、肌をきれいにし、力を持たせ、守って、彩りをつけるということをコンセプトとして、昼と夜の肌の自然なリズムを考慮する、と示されています。 ドクターハウシュカは夜用の商品に、夜のスキンケアで特に大事なオイルフリーの基礎化粧品を推奨しています。なぜなら1日の中で落ち着く時間である夜は、肌が再生する時であって、オイルを使うことによって肌が息できなくなるからだそう。 ドクターハウシュカはナチュラルコスメティック シリコンフリー マイクロプラスチックフリー PEG系界面活性剤フリー 合成保存料、着色料、香料フリー NATRUE認証 動物実験を行わない マイクロプラスチックにも種類がありますが、化粧品に含まれているものもあり、それらは後にヨーロッパ内で禁止されるとされているそうです。 例えばマイクロプラスチックを使った角質を取る洗顔料を使ったり、合成繊維が使われた衣類を洗うと流れ出るので下水道から海洋汚染へとつながるわけです。... Read More
簡単【エコ】フレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れませんか?
エコなアイテム

簡単【エコ】フレンチプレスで美味しいコーヒーを淹れませんか?

なるべく外出を控えていると時々ストレス発散が必要になってきますよね。おうちにいる間のカフェタイムやおやつタイムをお店に行かなくても味わうことができれば、今外出を控えている方でも、子どもが小さくて簡単に出歩けない方にとっても少しでもストレス解消になるのではないでしょうか。 また、お仕事に行く時にお気に入りのタンブラーにお気に入りのコーヒーを入れてもらうのもいいですが、おうちから自分のお気に入りのタンブラーで自分好みのコーヒーを持って行くことで節約や環境保護にもつながりますよね。 以前エコにおいしいコーヒーを淹れることができるマキネッタについて紹介しましたが、この記事ではその第2弾として、エコにおいしいコーヒーやカフェで飲めるようなドリンクを作れるアイテム「フレンチプレス」について紹介します。 簡単においしいコーヒーが淹れられるフレンチプレスとは? フレンチプレスと聞いて、みなさんはどんなものか絵が頭に思い浮かびますか? フレンチプレスはその名の通りフランスで1850年ごろに生まれたコーヒーメーカーです。その後イタリアの会社が改良を重ね、今普及しているフレンチプレスの形を作ったと言われています。 日本ではあまり馴染みがありませんが、簡単においしいコーヒーが淹れられるだけでなく、電子コーヒーメーカーに必要なフィルターが不要であったりとエコなアイテムなのです。 フレンチプレスはどんな仕組み? フレンチプレスは2つの部品から出来ており、粗挽きまたは中挽きされたコーヒー豆を容器に入れてその上からお湯を注ぎこみ、3~6分蒸らしたら金網プレッサーを容器の底に向かってゆっくりとプレスします。 ≫≫ BODUM ボダム KENYA ケニヤ フレンチプレス コーヒーメーカー 350ml フレンチプレスで作るコーヒーの量の目安は? フレンチプレスは300ml(約2人用)~1000ml(約8人用)と様々なサイズがあることも魅力の一つです。1人分は、約150mlのお湯に対し大さじ1弱が目安です。... Read More
ドイツの豆腐で【ベジタリアン】餃子を皮から作る
ドイツ ベジ料理

ドイツの豆腐で【ベジタリアン】餃子を皮から作る

最近はドイツのスーパーマーケットでも手軽に日本食に使う食材が購入できるようになっていますが、おいしい餃子を食べるのは未だに一苦労です。 冷蔵・冷凍餃子を見かけたことがあったので一度試しに買って食べてみると、付属のタレと皮は美味しかったものの肝心の餡が味付けが薄い上に「胡椒」の存在だけが大きくいまいちでまた買いたいとは思えませんでした。 といっても餃子の皮はアジア食材ショップに行かない限り買うことはできないし、なにより高い。と餃子を皮から作ってみよう!と思い立ち、皮から餃子を作ってみると市販のものよりもモチモチで、それからは自分で作るようにしています。 この記事ではお肉は使わないベジタリアン餃子のレシピ、それにかかせないドイツの豆腐事情とドイツの餃子?について書いています。 ベジタリアン餃子を皮から作る 餃子の皮から自分で作るとなるとやはり時間がかかりますが、その分おいしいもちもちの餃子を作ることができます。さらに市販のものには必要な材料以外に腐敗・変色を防ぐph調整剤などの添加物が入っているのに対し、手作りのものは必要な材料のみで無添加で健康的な餃子を作ることにもつながるのです。 食べ物だけじゃない?!【ベジタリアン】ではなくビーガンって何? 餃子の皮の作り方 時間はかかってしまいますが、作る工程も簡単で室温・湿度に気を付ければ難しい工程はないので、多めに作った生地を冷凍しておいて次回解凍して成形するのもよいでしょう。 餃子の皮の材料 約30個分 225g 強力粉 130ml 熱湯 必要な調理器具 麺棒大+餃子の皮を形取ることができる淵の細めのコップなど ※私は丸い目玉焼きを作る調理器具を使っています 作り方 ボウルに強力粉を入れ、熱湯を分量の20mlほどを残してフォークやスプーンで混ぜ合わせる※熱いので絶対に手を使わないようにしてください 1分ほど混ぜてまだ粉っぽければ、残りの20mlの熱湯をゆっくりと生地の様子を観察しながら入れ混ぜ、粉っぽさがなくベタベタでないくらいでOK※室温や湿度のよって、暑いときは生地が水分を吸いやすいので熱湯は少なめにしてください 段々と生地の熱さが取れて触れるようになってくるので、様子をみながらボウル中でひとまとまりになるまで捏ね、まとまってきたら調理台にだす... Read More
ドイツの【クマニラ】でベジタリアンのペースト作り、シンプルな簡単レシピ
エコなアイテム ドイツ

ドイツの【クマニラ】でベジタリアンのペースト作り、シンプルな簡単レシピ

みなさんにとって、Pesto(ペースト)は身近にありますか?パスタソースとして使ったり、バケットやクラッカーにつけたり、料理のアクセントにしたりと何かと便利な調味料です。 Pesto(ペースト)は保存もきくので、今の時期には特に向いているかと思います。今回はそんな便利なPesto(ペースト)の作り方をご紹介したいと思います。     旬な食材でベジタリアンのPesto(ペースト)作り 旬な食材を使うことは、サスティナブル(持続可能)な生活につながります。なぜなら長期保存された食材には、例えばそれを新鮮に保つために多くのエネルギーが必要であるからです。 また、遠方からトランスポートされた食材は、海洋汚染・排気ガスなど環境へ悪影響を与えるので、住んでいる地域の近くで生産されたものを進んで購入することも大切なのです。 ご当地の美味しい旬な食材・住んでいる地域の近くの商品を買う意味 ベジタリアンペーストに必要な材料 ドイツの森で春に採ったBärlauch(クマニラ)でペーストのを作った時に使用した材料を紹介します。 材料 香草(ベアラオホ) ナッツ類(くるみ) パルメザンチーズ(ペコリーノ) オリーブオイル 塩・胡椒(味付け用) 保存用の瓶 元祖!基本の材料 バジル... Read More
外国人が驚く【なんで?の話】面接時のメイクはなんで必要なの?
ドイツ

外国人が驚く【なんで?の話】面接時のメイクはなんで必要なの?

社会の風潮に何か首をかしげることはありませんか?小さいころ学校に行く時には制服を来て行かなけばいけなかったかもしれません。お手洗いにいけば、女子トイレはそこらじゅうピンクで男子トイレは水色でしたか?黒いランドセルを持った女の子を横目で見ていましたか? 小さい頃から植え付けられた「当たり前」のことにあまり疑問を持たずに、大人になっても知らない間に従っていることは生活の中にたくさんあるかと思います。もちろん中には良い事もありますが、知らない間に何の意味もなく個性を失ってしまっている可能性もあります。 この記事では、なんで面接時に(決められた)メイク(化粧)をしなければいけないのか?について私が考え直したことについて書いています。 面接時のメイクは必要? 旦那さんとお互いの文化の違いについて話していた時に、とても驚かれた日本の風潮のひとつに、日本では面接時の適切なメイク(化粧)の仕方があるということがあります。 なんで女性だけメイクを強いられているのか?なんでメイクをしなければ礼儀正しいと判断されないのか?たくさん質問されましたが、当時の私は「皆してるし・・・それがマナー(決まり)だから」としか答えることができませんでした。しかしそれがその風潮について自分の頭で考えるきっかけになりました。 女性だけがメイク(化粧)をすること まず考えたのは、メイクをしなければならないと言われているのは女性に限ったことだということです。男性=メイクが必要ないということは一体誰が決めた事なの?なんで女性だけメイクをしなければいけないの? それだけではなく、世間的にはどんなメイクをすべきかという決まりまで提示されています。パーティーに行くような暗くても目立つメイクは面接には向いていないとされています。 メイクだけではない、髪型や服装まで 面接時に向いている身なりとして提示されているのはメイクだけではないですよね。髪色も黒、後ろに1つ結びにするなど、皆が皆ほぼ同じような身なりになることを半分強いられているようなものです。さらにほとんどの企業ではスーツは必須ですよね。それもカラーは地味なもので、モデルや俳優のオーディションなど個性を魅せる場でない限り決して目立つようなスーツを着ることを良しとはしていません。 最近ではそこまで厳しい決まりを守らなければ面接で落とされてしまうような会社は昔に比べると減ってきているかとは思いますが、皆が皆同じ身なりをしなければ判断できないのでしょうか?その身なりの決まりを守れること=社会のルールを守れることに繋がるのでしょうか? どこまでが許容範囲? 許容範囲に線引きをすることも難しいのは事実です。寝起きで髪ボサボサで面接に来てはどうでしょうか?さすがにそれは、大事な日でも寝坊しやすいのか、もしかしたら遅刻常習者かもしれない、という連想をされてしまっても仕方ないですよね。 格好も実際なんでもいいわけではありません。個性を出したいからと言って、極端な話自分のありのままの姿だと言って裸で面接に行っていいわけではない、ではどこで線引きするの?という話になってきます。 フォーマルというのは冠婚葬祭で理由付きでルールがあるように守るべき服装がありますよね。しかしどれをとっても納得できる理由があるのではないでしょうか。 ルールがあれば楽なこともありますが、それは結局考えることをやめることと一緒です。 個性をつぶすルールについて考える 面接時に女性だけがメイクをすべきとされていることに関して、多くの人が納得するような適当な答えを持っていて面接時にメイクをしている人は一体何人いるのでしょうか?... Read More
ドイツ発ナチュラルコスメ【アンネマリーボーリンド】の自然を守るコンセプト
エコなアイテム ドイツ

ドイツ発ナチュラルコスメ【アンネマリーボーリンド】の自然を守るコンセプト

ドイツのオーガニックコスメ・ナチュラルコスメは世界的にとっても有名です。その中でも特に有名な、Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)の環境保護への取り組みや人を思いやったコンセプトやブランドの取り組みは、別記事で紹介しました。 この記事では1959年からの歴史をもつ、ドイツのナチュラルコスメブランドANNEMARIE BÖRLIND(アンネマリーボーリンド)について紹介したいと思います。 ドイツの【オーガニックコスメ】ドクターハウシュカの取り組みは人にはもちろん環境にもやさしい ドイツのナチュラルコスメ、アンネマリーボーリンドの環境への取り組み ドイツ語でNachhaltigkeit(ナッハハルティヒカイト)とはサスティナビリティ、つまり持続可能性という意味です。Nachhaltigkeitやnachhaltigの○○という単語はドイツではよく耳にする言葉であり、持続可能性を考えた環境への取り組みは、環境にはもちろん人にも社会にとっても、すごく大切なことです。 アンネマリーボーリンドは、その自然由来の商品へのこだわりもそうですが、持続可能性にも重きを置いているナチュラルコスメブランドです。 持続可能性とはいったい何? 持続可能性・環境と人を思った取り組み Nachhaltigkeit(持続可能性)はam Herzen(心臓部) にあるとうたっているボーリンド。人や自然との、その責任のある付き合いはボーリンドの哲学や日々の取引のしっかりした要素から成り立ちます。 原料は世界中から調達していて、それらの原料は管理された有機農場などで生産されています。ハウシュカもそうでしたが、こういった活動は、次の世代へと受け継がれる環境(農場など)を至る所に作ることを目指している証拠です。 持続可能性3つの要素/ 1. Soziales Engagement(社会貢献) 様々な有機栽培のメソッド... Read More
最強の【時短ベジタリアン料理】ハンドミキサーで簡単・栄養満点のスープを作る!
ベジ料理

最強の【時短ベジタリアン料理】ハンドミキサーで簡単・栄養満点のスープを作る!

家にいる時間が増えて家事もたくさんするようになったけど・・・たまにはゆっくりしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に時間をかけずに、栄養満点のごはんができれば嬉しくないですか? 料理するのが面倒くさい時 病気の時 そんな時に助けてくれるのが、栄養素たっぷりのSuppe(スープ)です! この記事では健康にも良く、環境にもやさしいベジタリアン・ビーガンのスープの作り方を紹介します。 【食肉】が環境に及ぼす影響を知れば【ベジタリアン・ヴィーガン】の偏見が無くせる? 最強の時短料理ハンドミキサーを使ったスープ! 簡単にスープを作るのに欠かせない、ハンドミキサーはおうちにありますか?もちろんハンドミキサーがなくても、おいしいスープは作れますが、ハンドミキサーは面倒臭がりな人に特におすすめなんです。 なぜかというと、どんな野菜の切り方をしたって、最終的にミキサーにかけられて見えなくなるから。笑(この発想自体が面倒くさがりを表しています) それではどんなスープにするか考えていきましょう! ≫≫ ブラウン マルチクイックブレンダーをチェックする 1.時短・簡単スープのメイン材料を決める まずは材料から決めていきます!1つだけ【野菜】を決めてください。 食べたい野菜 消費したい野菜 好きな野菜 一緒に食べる人が好きな野菜 2.時短・簡単スープのテクスチャーを決める... Read More
知っておきたい【環境にやさしい】油(オイル)は一体どれ?
エコなアイテム サスティナビリティ

知っておきたい【環境にやさしい】油(オイル)は一体どれ?

お料理には欠かせない油(オイル)ですが、揚げ物はもちろん食材を炒める時以外にも、サラダのドレッシングやお菓子作りに使ったりと、油はキッチンに絶対に常備されているもののひとつではありませんか? その油(オイル)にもたくさんの種類がありますが、みなさんのおうちにはどんな油(オイル)が常備されていますか? この記事では油(オイル)について、環境問題とともにまとめています。 話題になっているパーム油 パーム油というとあまりなじみがないかもしれませんが、アブラヤシの果実から採れる油のことで、植物油脂として日本でもマーガリンやインスタント食品・ポテトチップスなどによく使われています。 日本の家庭では見かけないパーム油ですが、世界的に見ても2019年時点で一番生産されている植物性油が大豆油を抜いてパーム油なのです。 アブラヤシが育つ環境は高温多湿で、これだけパーム油の需要が弱まらずにどんどん増えていくと・・・ パーム油の生産数を増やすために土地が必要 そこに住む人々の生活の場を奪う 熱帯雨林を伐採→動物たちも追い出される 森林がなくなることで二酸化炭素を吸収する木々がなくなり地球温暖化の原因に 伐採された森林が乾燥して山火事の原因に・・・ また健康面でも問題視されていて、精製された食用油脂中に発がん性物質の可能性のある「グリシドール脂肪酸エステル類」が含まれていることで注意喚起されています。 (引用:【あなたの食事は大丈夫?】知らずに食べている超〜危険な油!その名はパーム油!!/ Wikipedia-Palmoel-/ UFOP Report on Global... Read More