12月6日は【聖ニコラウスの日】靴下の中にプレゼントの由来とは?
ドイツ

12月6日は【聖ニコラウスの日】靴下の中にプレゼントの由来とは?

みなさん、12月6日が何の日かご存知ですか?この日はあのクリスマスイブにプレゼントをたくさん詰めた大きな袋をもってやって来るサンタクロースのモデルとなったと言われている聖ニコラウスの日なのです。 12月6日はそのミラのニコラウスの命日であり、それを追憶して祝う日です。2020年は第2アドベントと重なる日でもあり2つの意味でのお祝いになります。 クリスマス・アドベントとは?   ミラのニコラウスとは? ミラのニコラウスは4世紀の前半に、小アジアのリシア地方(当時はローマの一部で現在はトルコ)で司教をつとめた、東部教会とラテン教会の最も有名な聖人の一人です。貧困に悩む人々などを救ったミラのニコラウスの生き方はキリスト教徒の模範とされていたりと、キリスト教にとって意味の深い日なのです。(参考:Wikipedia) 聖ニコラウスの日はいつ? ニコラウスの日は12月6日のミラのニコラウスが亡くなった日で大半の国は6日に祝い、その前夜である12月5日に祝う地域もあります。 こどもたちにとってのニコラウス ニコラウスはこの1年お利口だった子どもにプレゼントを渡す伝統があり、子どもたちは12月5日の晩にブーツや靴下をドアノブにぶら下げてプレゼントを待ちます。クリスマスプレゼントよりも小さなプレゼントやお菓子・フルーツ・ナッツなどが詰められます。 プレゼント【エコラッピング】ゴミを減らして地球にやさしい包装 サンタクロースとの関係 赤いマントと帽子に立派な白髭のニコラウスはサンタクロースのモデルと言われていますが、サンタクロースにはニコラウスのような歴史はなく、実はアメリカが創り出した人物と言われています。 トナカイがひくソリに乗ってやってくるサンタクロースはまさに創り出されたもので、ニコラウスはKnecht Ruprecht(クネヒト・ルプレヒト)という同伴者を連れていて、悪い行いをした子どもを懲らしめる役割を持っていたそうです。 【ドイツ】クリスマスシーズンの定番!プレッツヒェンとは何? 2020年の祭事 ニコラウス・アドベント、そしてイエス・キリスト誕生のクリスマスで12月は教会での重要な祭事が例年行われていますが、今年はコロナウイルスの影響で開催の禁止はされていないものの、教会側も工夫が必要で、いつもよりも短い時間内で行ったり、場所を変えたりと簡単ではないようです。 【ドイツ】部分的ロックダウンは1月頭まで延長に... Read More
ドイツ生まれ【マイボトル】おしゃれな3つのおすすめ【THERMOS】とドイツの関係とは?
エコなアイテム ドイツ

ドイツ生まれ【マイボトル】おしゃれな3つのおすすめ【THERMOS】とドイツの関係とは?

みなさんマイボトルはお持ちですか?荷物が少ない人は小さめのタンブラー、水分をたくさん取る人は大きめの水筒、温かいまたは冷たいまま飲み物を飲みたいときは、保温機能のついたもの・・・などなど、今は個人個人の用途に合わせて様々なマイボトルをゲットすることができます。そして何時も、水分補給は欠かせないですよね。 お仕事先、学校先、お出掛先の水分補給にはどんなアイテムを使っていますか?   THERMOS(サーモス)とドイツの関係 以前一時帰国したときに、実家に余っていたTHERMOS(サーモス)を貰い、ドイツに持って帰ってきました。冬場仕事にいくのに、朝7時頃入れた温かいお茶が17時くらいまで温かくて、その保温力にびっくり・・・ ドイツには本当に色んなTee (紅茶)があるので、毎日違ったものをお仕事先に持って行くのが、またひとつの楽しみになりました。いつまでも温かいのが本当に助かります。 もちろん保温だけでなく、保冷にもすぐれているのがTHERMOS(サーモス)です。サイズもデザインも種類が豊富で自分にあったものが見つけられます。 保温・保冷 保冷 スポーツ用 小さいもの 大容量 ≫≫ サーモス 水筒 【スクリュータイプ】 500ml ダークネイビー... Read More
輸入の激安【バナナ】が抱える問題【公正取引】
サスティナビリティ

輸入の激安【バナナ】が抱える問題【公正取引】

甘くて美味しいバナナは世界中で人気のフルーツです。そのバナナを生産できる地域と言えば、気温が高くて湿度の高い熱帯地域です。 値段は他のフルーツに比べても安いものが多く、需要が高いフルーツの1つです。ドイツでは1つのスーパーマーケットでも大体3種類くらいのバナナが並べられていることが多いです。 この記事では多くの人から愛されるバナナについて、環境・人権の面で問題になっていることとともに紹介しています。(この記事の主な参考資料:Bananen) 万能な【ツナ缶】がそれを取り巻く環境にとって悪い理由と【サスティナブルフード】   なんでバナナが問題になっているの? この記事では「バナナ」について取り上げていますが、全てのバナナが環境・人権面で問題になっているわけでは決してありません。バナナは今や大量に生産されているフルーツの1つであり、それを取引している企業もたくさんあります。 まずはどんなバナナというフルーツについて見ていきましょう! バナナの種類 日本人にとって身近なバナナは生食用ですが、調理用バナナがあるのをご存知でしょうか?生食用バナナの需要が世界中で高いのはもちろんですが、調理用も多くの量が生産されています。 キャベンディッシュ:デザート(生食)用の一番身近なバナナ。世界中で生産されるバナナの半数を占める。 ラカタン:キャベンディッシュより小さく、酸味が強く味が濃い  プランテン:調理用で世界生産量の2割を占める。でんぷん質で甘くなく、そのままでは食べれないので煮たり揚げたりされます。 (参考:Wikipedia.jp) バナナが生産される地域 今や世界の広い範囲で生産されているバナナですが、元をたどるとマレーシア・タイ・インドネシアなどの東南アジアが起源であると言われています。そこから世界各地の熱帯地域へと広がっていき、現在約80もの国々でバナナは生産されています。 バナナの生産量 2018年1億6700万トンに近い量のデザート(生食)用のバナナが収穫されたと言われています。世界に向けてバナナを輸出している主な国は、エクアドル・フィリピン・コスタリカ・グアテマラ・コロンビアで、主な輸入国は、アメリカ・ロシア・ドイツ・ベルギーです。 〇2018年度デザートバナナ生産量が多い国ランキング(参考:Wikipedia.de)... Read More
上下関係や礼儀が邪魔するもの【なんで?の話】
ブログ

上下関係や礼儀が邪魔するもの【なんで?の話】

二回りくらい年上の方と話していた時に「ドイツに来て驚いたことはないか」と聞かれたことがあります。 日本では稼ぎ時と言われる日曜日にドイツではお店が閉まっていること・駅に改札がないこと・電車待ちで並ばないとか、そういったことももちろんあるけど、私は「上下関係の意識の違い」を話しました。 ドイツでは仕事場で上下関係などなく自分の意見を主張すること、友人同士の会話の中でも自分の意見は必ずと言っていいほど主張する姿勢に比べ、日本では完全に上下関係を優先させた年上を敬う風潮がある影響で自分の意見をはっきりと言えないことも。 この記事では2つの国の「上下関係と礼儀」について私が勝手に感じたことをまとめています。   上下関係と礼儀は必要? 上下関係や礼儀というワードを聞くと、守らなければいけないもの、として考える人は少なくないはずです。相手に不快な思いをせずにいい気持ちになるため?決められたルールに従っておけば、よくできた人だと判断される?そこに感情はどれほどありますか? 【なんで?の話】自分の感情について話してみる 日本での上下関係と礼儀 日本は上下関係が厳しく礼儀正しい国としても有名ですよね。ドイツ人にとっても「日本人は礼儀正しい」などの印象があるようです。それは日本人と関わる時や旅行などで日本に訪れたときに持った印象でしょうが、実際その背景を深く知る人はあまりいません。 日本の敬語について 日常的に使っている私たちの敬語は、歳の離れた目上の人だけでなく、学年が1つ上の「先輩」や自分の住む世界で自分よりも早くその世界にいる「先輩」、また習い事の上での「先輩」などに用いるものであり、多くの人は自然に敬語を使っています。 敬語だけでなく、丁寧語・謙譲語・ビジネス会話などなど、コミュニケーションマナーを教える先生がいるくらい日本語は奥深く、普通に生活しているだけでは知りえない言葉遣いもたくさん存在しますよね。 学校生活で習う上下関係・礼儀 やはり私は学校教育が大人になってからの習慣を形成するのに一番影響していると考えます。学校生活の中では先生がリスペクトされる位置にいて、先生には敬語を使い、先生と呼び、はい、と返事をする。仲の良い先生にタメ語で話す生徒がいると、他の大人たちは白い目で見ていませんか? 先生の意見に反対意見を言うような生徒は問題視されてしまったり、簡単に意見できない、しにくい環境にはなっていませんか。そんな環境から受け身の子どもは増え続け、自己主張することが減ってしまっています。 こんなニュースを見かけました。 いじめ調査「ない」に改ざん –... Read More
体と環境にやさしい【年末大掃除】道具おすすめ!ドイツ生まれのAURO(アウロ)とは?
エコなアイテム ドイツ

体と環境にやさしい【年末大掃除】道具おすすめ!ドイツ生まれのAURO(アウロ)とは?

気付けば年末ですが、新年を気持ちよく迎えるために大掃除をする方も多いのではないでしょうか?その掃除アイテムは人の身体に安心安全ですか?内容成分は意識したことはありますか? 掃除アイテムに限ったことではありませんが、生活用品の中には効果を上げるために多く使うと体に害を及ぼすもの、製造から輸送まで環境にとって悪影響を及ぼすもの、使用することによって水に溶けだして海を汚染してしまうもの・・・と見えないところで犠牲が出ていることがあります。 そんな商品を少量の使用では気づかないことも、長年使い続けていくことで健康をむしばんでいく可能性も大いにあります。 この記事では、年末の大掃除におすすめの環境と人にやさしいアイテムをご紹介します!   健康を守るアイテムを選ぶ あなたの生活の中心となっている場所はどこですか?家でも仕事場でも知らない間に化学製品を身体に取り込んでいるかもしれないと思うと、安心して生活できなくなりますよね。 殺菌剤や殺虫剤、効き目の強いものの多くは身体に害を及ぼす危険性のある成分が入っていることもあります。内容成分を見ずに効果だけを見て(期待して)商品を選ぶと、大切な自身の身体や一緒に暮らす家族や友人・恋人の健康までも脅かす可能性が高まります。 内容成分を見る習慣をつける 私たちは普段から食べ物はもちろんですが、掃除用具を選ぶときも内容成分をしっかり確認するようにしています。自然由来のものを多く含んだ製品は人にとってやさしいだけでなく、環境にとってもやさしい生活を送ることができます。最近は中身だけでなく、それを守る容器までも環境保護を配慮した素敵な商品がたくさん存在します。 下の記事では環境にやさしいフロッシュのアイテムの紹介とエコな掃除用具にもまとめているので、ぜひチェックしてみてください↓ ドイツ生まれの【Frosch】フロッシュはエコで安全!環境と人にやさしくお掃除しませんか? 大掃除はどこから手を付ける? ドイツでは普段から綺麗に保つことが一般的なので年末に「大掃除」するという文化はありません。大掃除をしようと思っている方でも普段から綺麗にしている所は大掃除でわざわざ手はつけませんよね。また日本は湿気がとても高い国であるので、いくらまめに掃除をしていても通気が悪いところは、カビが生えてしまったりすることも・・・つまり大掃除でキレイにしたいのは、 頻繁に掃除をしない場所 汚れが溜まってしまう場所 要らなくなった物の断捨離 ではないでしょうか?家中をとりあえず見回って掃除する場所や片づけたいものをリストアップすると効率よく大掃除ができます。 ≫≫... Read More
【レジ袋有料化】がなぜ意味がないと言われるのか?環境にもたらすメリットとは?
エコ

【レジ袋有料化】がなぜ意味がないと言われるのか?環境にもたらすメリットとは?

2020年7月1日からコンビニなどでポリ袋が有料化されてから半年が経とうとしていますが、慣れましたか? 賛否両論ありますが、無関心ではどうかいないでください。私はこの話題でもっと多くの人が、環境保護やゴミ問題について真剣に向き合う機会を作るきっかけになればいいと思っています。 というとちょっと堅苦しいですが、簡単にいうと「それ(ゴミになるもの)絶対に要る?」と自分に質問を投げかけるだけで簡単に考えはめぐらせることはできます。 ただ与えられた情報(中にはデマもある)を真に受けるだけじゃなくて、自らの頭で考えて自らの意志を持つことが本当に大事です! 例えば大げさに言えば、この○○っていう薬がコロナウイルス対策になるんだって!という本当か嘘か分からない情報が至る所で話題になっていたとします。これを真に受けて、服用した数年後、実はこの薬には副作用があって、10年後○○という病気になってしまうということが判明。 ・・・(こんなことがあったら)取り返しがつかないですよね?これは極端な例ですが、情報を鵜呑みにすることは、時にとても危険なことで、全てのことが健康や命にかかわらないことだとしても、環境問題は今を生きる人類にとっては、大きな問題に直面することはない可能性もありますが、現状は深刻化しているわけですから、自分たちより未来を生きる来世にとっては健康や命にかかわる問題なのです。 情報源を明らかにして、信頼できる媒体や人から情報を集めて判断、人と話合えば大抵のことは正しい情報へと結びついてくれます。 前置きが長くなってしまいましたが、今回のポリ袋有料化をきっかけにまずは、「それ(ゴミになるもの)絶対要る?」と問いかけてください。   日本人はプラスチック大好き!と言われている。その驚くべきプラスチックの消費量 話題となっているポリ袋はプラスチックに分類されるわけですが、日本人一人当たりのプラスチック包装廃棄物の年間消費量はアメリカ合衆国に次ぐ世界2位(2015年度)という結果がでています。 In 2015, plastic packaging waste accounted for 47... Read More
お肉にそっくり【グルテンミート】のレシピ【ベジタリアン・ビーガン】
エコなアイテム ベジ料理

お肉にそっくり【グルテンミート】のレシピ【ベジタリアン・ビーガン】

植物性の食品というのはたくさん存在しますが、お肉の代用品でセイタンというものはご存知でしょうか?私はセイタンのステーキを食べた時にその食感・味付けに感動したので調べてみると、それが日本生まれであることなど、ご紹介したいことがたくさんあったので記事にまとめてみました。     日本発祥のセイタン(グルテンミート)とは? タンパク質の一種であるグリテニンとグリアジンを主原料とした加工食品のこと。(参考:Wikipedia) 小麦粉に水と塩を加えてデンプンと分離させることによってできた弾力のある塊がセイタン(グルテンミート)です。 セイタンって何? 「セイタン」別名グルテンミートは、日本発祥で外来語ではないのになんでカタカナなの?という疑問ですが・・・ セイタンはもともと桜沢如一が命名した日本語由来の名称だが、当時国内ではあまり普及しないまま欧米で発展して後に逆輸入されたため、「正蛋」「生蛋」「製蛋」など表記は諸説あって判然とせず、通常カタカナ書きされる。(引用:Wikipedia) そういうことなのですね。またグルテンミートとはよりどんなものか分かり易くするために生まれた和製英語だそうです。(参考:Wikipedia) ドイツでのセイタン まずドイツではセイタンをローマ字にしたSeitanをドイツ語読みするので、ザイタンと発音します。ドイツのヴィーガン食品の成分表示を見ているとみかける、Weizeneiweiss(ヴァイツェン・アイヴァイス)がセイタンのことなのですが、Weizenは小麦、Eiweissはタンパク質・プロテインという意味です。その他にもSojaeiweiss(大豆のタンパク質)なども存在します。 ※プロテインは英語でタンパク質という意味なので、日本で普及しているタンパク質を摂るサプリメントと混合しないでくださいね。 ドイツのたまごパックから学ぶ、卵の事情【ベジタリアン・ビーガン】 セイタン(グルテンミート)は万能 別記事で大豆ミートは紹介していますが、セイタンはテクスチャーが最もお肉に近いと言われているくらいお肉の再現率が高いです。弾力のある歯ごたえと無限の可能性はついついハマってしまうかもしれません。 ベジタリアンやビーガン料理には欠かせない?万能【大豆ミート】の活用法 小麦グルテンを使ったステーキ  ... Read More