ドイツ発ナチュラルコスメ【アンネマリーボーリンド】の自然を守るコンセプト
エコなアイテム ドイツ

ドイツ発ナチュラルコスメ【アンネマリーボーリンド】の自然を守るコンセプト

ドイツのオーガニックコスメ・ナチュラルコスメは世界的にとっても有名です。その中でも特に有名な、Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)の環境保護への取り組みや人を思いやったコンセプトやブランドの取り組みは、別記事で紹介しました。 この記事では1959年からの歴史をもつ、ドイツのナチュラルコスメブランドANNEMARIE BÖRLIND(アンネマリーボーリンド)について紹介したいと思います。 ドイツの【オーガニックコスメ】ドクターハウシュカの取り組みは人にはもちろん環境にもやさしい ドイツのナチュラルコスメ、アンネマリーボーリンドの環境への取り組み ドイツ語でNachhaltigkeit(ナッハハルティヒカイト)とはサスティナビリティ、つまり持続可能性という意味です。Nachhaltigkeitやnachhaltigの○○という単語はドイツではよく耳にする言葉であり、持続可能性を考えた環境への取り組みは、環境にはもちろん人にも社会にとっても、すごく大切なことです。 アンネマリーボーリンドは、その自然由来の商品へのこだわりもそうですが、持続可能性にも重きを置いているナチュラルコスメブランドです。 持続可能性とはいったい何? 持続可能性・環境と人を思った取り組み Nachhaltigkeit(持続可能性)はam Herzen(心臓部) にあるとうたっているボーリンド。人や自然との、その責任のある付き合いはボーリンドの哲学や日々の取引のしっかりした要素から成り立ちます。 原料は世界中から調達していて、それらの原料は管理された有機農場などで生産されています。ハウシュカもそうでしたが、こういった活動は、次の世代へと受け継がれる環境(農場など)を至る所に作ることを目指している証拠です。 持続可能性3つの要素/ 1. Soziales Engagement(社会貢献) 様々な有機栽培のメソッド... Read More
最強の【時短ベジタリアン料理】ハンドミキサーで簡単・栄養満点のスープを作る!
ベジ料理

最強の【時短ベジタリアン料理】ハンドミキサーで簡単・栄養満点のスープを作る!

家にいる時間が増えて家事もたくさんするようになったけど・・・たまにはゆっくりしたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?そんな時に時間をかけずに、栄養満点のごはんができれば嬉しくないですか? 料理するのが面倒くさい時 病気の時 そんな時に助けてくれるのが、栄養素たっぷりのSuppe(スープ)です! この記事では健康にも良く、環境にもやさしいベジタリアン・ビーガンのスープの作り方を紹介します。 【食肉】が環境に及ぼす影響を知れば【ベジタリアン・ヴィーガン】の偏見が無くせる? 最強の時短料理ハンドミキサーを使ったスープ! 簡単にスープを作るのに欠かせない、ハンドミキサーはおうちにありますか?もちろんハンドミキサーがなくても、おいしいスープは作れますが、ハンドミキサーは面倒臭がりな人に特におすすめなんです。 なぜかというと、どんな野菜の切り方をしたって、最終的にミキサーにかけられて見えなくなるから。笑(この発想自体が面倒くさがりを表しています) それではどんなスープにするか考えていきましょう! ≫≫ ブラウン マルチクイックブレンダーをチェックする 1.時短・簡単スープのメイン材料を決める まずは材料から決めていきます!1つだけ【野菜】を決めてください。 食べたい野菜 消費したい野菜 好きな野菜 一緒に食べる人が好きな野菜 2.時短・簡単スープのテクスチャーを決める... Read More
知っておきたい【環境にやさしい】油(オイル)は一体どれ?
エコなアイテム サスティナビリティ

知っておきたい【環境にやさしい】油(オイル)は一体どれ?

お料理には欠かせない油(オイル)ですが、揚げ物はもちろん食材を炒める時以外にも、サラダのドレッシングやお菓子作りに使ったりと、油はキッチンに絶対に常備されているもののひとつではありませんか? その油(オイル)にもたくさんの種類がありますが、みなさんのおうちにはどんな油(オイル)が常備されていますか? この記事では油(オイル)について、環境問題とともにまとめています。 話題になっているパーム油 パーム油というとあまりなじみがないかもしれませんが、アブラヤシの果実から採れる油のことで、植物油脂として日本でもマーガリンやインスタント食品・ポテトチップスなどによく使われています。 日本の家庭では見かけないパーム油ですが、世界的に見ても2019年時点で一番生産されている植物性油が大豆油を抜いてパーム油なのです。 アブラヤシが育つ環境は高温多湿で、これだけパーム油の需要が弱まらずにどんどん増えていくと・・・ パーム油の生産数を増やすために土地が必要 そこに住む人々の生活の場を奪う 熱帯雨林を伐採→動物たちも追い出される 森林がなくなることで二酸化炭素を吸収する木々がなくなり地球温暖化の原因に 伐採された森林が乾燥して山火事の原因に・・・ また健康面でも問題視されていて、精製された食用油脂中に発がん性物質の可能性のある「グリシドール脂肪酸エステル類」が含まれていることで注意喚起されています。 (引用:【あなたの食事は大丈夫?】知らずに食べている超〜危険な油!その名はパーム油!!/ Wikipedia-Palmoel-/ UFOP Report on Global... Read More