キッチンごと引っ越し?【DIY】ドイツのキッチン事情
ドイツ

キッチンごと引っ越し?【DIY】ドイツのキッチン事情

ドイツのKüche(キッチン)は、おうちの中でも個性の出る場所のひとつです。私たちのキッチンも、2人ともこだわりが強すぎて、あーでもない、こーでもないと話し合って、話し合って形になるまで本当に一苦労でした・・・ 私はドイツの生活を通して、(特に環境保護の面で)その考えは勉強になるな、この考えは素晴らしいと思ったことを、このブログを通して発信しています。 この記事では、日本ではスタンダードではなかった、こだわって作ったキッチンを引っ越しの際、ドイツではどうするのかという、ドイツのキッチン事情とともにお届けします ドイツのキッチン事情 ドイツのキッチンと聞いて、何か思い浮かぶことはありますか? まず日本の賃貸事情からみると、キッチン備え付けが一般的だと思います。 マンションを購入するとなってもキッチンが付いているという物件は結構多いのではないでしょうか? それに比べてドイツはキッチンが付いている物件と付いていない物件は半々といったところでしょうか。 管理会社がキッチン込みの物件を提供している 前の住人が使っていたキッチンを譲りたい・売りたい これから住む人が自分のキッチンを持って来たい・行きたい などの例がありますが、自分のキッチンを持って行きたい・・・?!とは一体どういうことなのか紹介していきます。 自分のキッチンを持って行く・DIY 「自分のキッチンを持って行く」その言葉の通り、ドイツでは引っ越しの際、キッチンごとお引っ越しすることも一般的です。 大体キッチンは家の大きさに左右されるので、引っ越しで自分のものを持って行ったからといって、全てのパーツを使うことは実際難しいと思いますが、水道や棚など部分的にリユースする部品や家具はあります。例えばうちのキッチンも、なにもない空っぽの状態から全部組み立てました。 私たちのキッチンのArbeitsplatz(作業場)や、その下の収納に使った木の板は水道の位置から長さまで、この家のキッチンに完全に合わせて旦那さんが切ってくれたので、引っ越し先の家には持って行けませんが、それ以外の棚や収納の全面窓などは引っ越し先の家に持って行くことができます。 自分の気に入ったものをできるだけ長く使う姿勢というのは、ドイツではこのキッチンごと引っ越しすること以外にも、よく目にします。自家用車や家具を長く使うことや、カバンや洋服もしかりです。 常に新しいものや、質の低いものを選ぶことは、買い替える頻度を増やし、廃棄物を増やしてしまいます。 【エコ】廃棄物の処理で気を付けられる6つのチェックポイント!ドイツのリサイクルシステム... Read More