なんで?in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんの影響でドイツの生活も一変。環境保護、エコ、時々ベジタリアンなどの情報を発信しています。

竹は1日に1メートル成長する?実はエコな【竹製品】

普段最も身近で決まって使用する消耗品と言えば、Papier(紙)ではないでしょうか?

誰もが使うであろうトイレットペーパーティッシュを始め、仕事場・学校で使うノート、新聞を定期購読していらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私はドイツでよく耳にする事の多い、Nachhaltigkeit(持続可能性)についてこれまで色々と書いてきました。

 

 

その持続可能な商品というのは、主に環境や人にやさしい商品のことを指します。

  • 太陽光などの再生エネルギー
  • リサイクル素材でできた商品
  • 公正取引の認証を受けた商品

などなど、よく使う消耗品である、Papier(紙)であっても、持続可能な商品を選ぶことは可能なのです。

いつも購入している紙の消耗品または、商品は、どうやって選んでいますか?

世間は便利で安いものから高級品まで様々な商品で溢れていますが、ドイツでは最近、エコな商品としてからできた商品をよく見かけます。

今日はについて掘り下げたいと思います。

 

 

再生が早い!竹からできたエコな商品

再生が早い竹は実はエコなんです

ドイツのお店で去年あたりから見かけだした、Bamboos(竹)の素材からできたNachhaltige Produkte(持続可能の商品)ですが、そもそもなんで竹がNachhaltig(持続可能)なのかというのは、竹の特徴にあります。

竹はとっても早く成長し(1日約1メートル)
刈られても竹は死なずにまた成長します。
また竹は他の慣用の木々よりも35%も多く酸素を生みだすのです。

なるほど、竹は木と比べると再生力に優れているから、商品のために利用されたとしても、その強い生命力のおかげでまた成長してくれるというわけですね。

 

竹からできた商品はどんなものがある?

  • 家具
  • 生活雑貨
  • 食器
  • ストロー
  • 買い物バック
  • コットン
  • キッチンペーパー

このように竹からできた商品は色々と長持ちするものから、繰り返し使えるものもたくさんあります。

蒸しシート家庭用丸型シリコン製蒸し器用 3枚入 直径24センチ 食品用シリコン素材 蒸し饅頭 セイロ用紙 (24cm)

 

竹からできたキッチンペーパー

我が家でも特にバスルームは竹の商品に溢れているのですが、特にお勧めしたいのはキッチンペーパーです。

そこらじゅうで販売されていて、需要が最も高いキッチンペーパーの材料は木で、1度使えばもう再利用はできないですよね。

そこで竹を材料としたキッチンペーパーは、使用後洗えば何度も使う事ができるのです。

もちろんブランドによって多少差はあると思いますが、我が家で利用しているものは1枚につき洗って100回使えると記されています。

竹のキッチンペーパーは薄いフェルトに近い感じで、紙のものと比べるとかなり丈夫です。

何度も使うことを考えると、その分の紙ゴミが減らせるというのはかなりの魅力です。

同じ消耗品である、は、何度も使えない消耗品ですが、竹からできているという点ではエコにつながるかと思います。

そんなエコな竹でできた商品ですが、たまに「こんなに高いの・・・?」といった商品が中にはまぎれているのも事実です。

 

エコやトレンドを利用した商品

竹商品に限りませんが、たまにNachhaltige Produkte(持続可能商品)の「素晴らしさ」を利用した商品を見かけます。

 

売り手と買い手:環境保護を考えることは良いことと考える

売り手:私たちは素晴らしい商品を提供していると、商品の値段を高く設定

買い手:高いけど環境保護のためと、買ってしまう

 

ここで勘違いしないで頂きたいのが、ただ高いからといってその商品が値段相応のものでないわけではなく、中には値段相応の素晴らしい商品もあるということです。

  • (作り手の)デザイン料
  • その仕事にかける時間
  • 材料費

これらのすべてが商品の値段に影響してくるので、全ての値段の高いNachhaltige Produkte(持続可能の商品)が消費者の心を利用しているわけではありません!

 

今購入を考えている商品が、本当に価値のあるものなのか、自分の目・耳で確かめることが環境や人の事を考える上でとても大切であるということが分かります。

 

トランスポートの距離によって、環境保護に大きく影響する

ここまで読んでいただいて、「竹は環境にやさしい商品なんだ!さっそく買ってみよう!」と思った方へ、Nachhaltigkeit(持続可能性)について考えて頂きたいこともあります。

 

竹からできた製品であるからといっても、その全てがNachhaltige Produkte(持続可能の商品)とは限らないのです。

なぜなら・・・ヨーロッパの例として、それが中国やアフリカから輸入された「竹の商品」であれば、そのトランスポートで発生した排気ガスが、地球温暖化につながってしまう可能性があるからです。

なんで?と思った方は下の記事をぜひ読んでみてください。自分の住んでいる地域や近くの地域の商品を選ぶべき理由を書いています。