依存度が高い白砂糖の害?砂糖の種類と代わり【環境問題】
エコ

依存度が高い白砂糖の害?砂糖の種類と代わり【環境問題】

みなさん甘いものはお好きですか?砂糖そのものを摂取しなくても、食生活の至る所に砂糖が隠れていて、チョコレート・コーラなど甘い(清涼)飲料水の糖分、調味料や牛乳にも乳糖が含まれていたりと、意識していない間に摂取している砂糖というのはとても多いと思います。 この記事では、おうちにある砂糖が一体どんな砂糖なのか、なんで体に・環境に悪いと言われているのかを、ドイツで販売されている砂糖と砂糖の代用品とともにまとめています。   体に悪いといわれている砂糖 砂糖は全般的に健康的ではないと言われています。過剰摂取が肥満・虫歯の原因となってしまったり、WHO(世界保健機関)防ぐために成人1日の摂取量は最大で25-50gまでと呼び掛けています。(引用:WHO) 砂糖は依存性があるって本当? -はい、砂糖はアルコールやたばこのように依存性のある食べ物。お腹が空いていないのに甘いものを見ると、「食べたいな」と思う心理や、一時的な集中力を高めるためにチョコレートを食べることなどを頻繁に行うことなどは依存の一種と言われています。 白砂糖が特に体に悪いと言われているけどなんで? 白砂糖がなぜ白いのかはご存知でしょうか?色んな噂がささやかれていますが、本当の理由は白くなるまで精製されているからです。 その過程で原料に含まれるミネラル・ビタミンも一緒に全てなくなります。つまり、精製されればされるほど砂糖本来の持つ栄養素はそぎ落とされていくのです。 精製時間が長くなるほど、より多くのエネルギーが必要となるので環境にも悪影響なのは明らかです。 上白糖とは一体何? 白砂糖といえば世界中では主にグラニュー糖の需要が高いですが、日本では上白糖という、グラニュー糖よりも結晶が細かいものが人気です。これは、砂糖に転化糖(果糖とブドウ糖)を加えたもので、主に日本でしか販売されていないそうです。 転化糖は甘味をさらに足して少ない量でも十分な甘さを得られるようになっています。 日本特有の砂糖といえば、三温糖がありますよね。これは上白糖やグラニュー糖を繰り返し加熱してできたものです。 ドイツで売られている砂糖 Zucker(ズッカー)はドイツ語で砂糖を意味します。この単語の前に示されている単語が原料や状態を表しています。 Rübenzucker:てんさい糖 てんさい糖はドイツ発祥と言われていて、世界ではじめてテンサイという植物から砂糖を取り出したのはドイツ人でした。... Read More
環境保護や安全面を考えた【エコ】なKitchenキッチンのアイデア
エコなアイテム サスティナビリティ

環境保護や安全面を考えた【エコ】なKitchenキッチンのアイデア

家にいる時間がふえて、自分の時間ができて趣味に没頭したり、家族やペットとの時間を充実させたり、今こそじっくり考えて物事を判断できる時ではないでしょうか? 別の記事では、エコで安全にお掃除するアイデア集を紹介しました。 ドイツ生まれの【Frosch】フロッシュはエコで安全!環境と人にやさしくお掃除しませんか? エコに!と言っても色んな観点があると思います。そんな中、Nachhaltigkeit(持続可能性)という言葉(英語でサスティナビリティ)はこのブログでは幾度となく使っていますが、具体的にどういったものを持続可能性と呼ぶのかというと・・・ 環境保護のためエネルギー消費を抑えられている 購入を考えているものは、安全な環境で作られている その商品を製造している人々は安い賃金で働かされていない 人が健康に安心して生活するには、正しい情報が必要です。ただ与えられたもの、目の前にあるものを手に取るのではなく、自ら考えて悩んで選択することが、持続可能(サスティナブル)でエコな生活へつながる第一歩になります。 【エコ】なヨガマット?持続可能な商品と【エコ】な買い物   キッチン・料理にまつわるエコな生活 キッチン(台所)は、直接体に取り込む【料理】を作る、または保存する場所です。だからこそ、人に環境にやさしいキッチン(台所)を作ることはとても重要なのです。 次に紹介する何かひとつでも実行できれば、それが1人、2人と増えていけば大きな結果につながり、やがて大きな影響となります。項目ごとにまとめてみたので、ぜひチェックしてみてください! キッチン周りの消費エネルギーを減らす 普段使っているキッチンを見渡してみてください。 普段あまりつかわない家電のコンセントは抜いて待機電力を使わない 電力・ガス消費を削減するために、一度に複数のコンロを使わない 長く調理しなければいけないもの、根菜や大きなお肉、角煮やあずきなどは、圧力鍋を使って消費エネルギーを減らす 炊飯器の保温機能は電力を使うので、(日をまたぐなど)保温時間が長い場合は使わないようにする... Read More
ドイツ生まれ【マイボトル】おしゃれな3つのおすすめ【THERMOS】とドイツの関係とは?
エコなアイテム ドイツ

ドイツ生まれ【マイボトル】おしゃれな3つのおすすめ【THERMOS】とドイツの関係とは?

みなさんマイボトルはお持ちですか?荷物が少ない人は小さめのタンブラー、水分をたくさん取る人は大きめの水筒、温かいまたは冷たいまま飲み物を飲みたいときは、保温機能のついたもの・・・などなど、今は個人個人の用途に合わせて様々なマイボトルをゲットすることができます。そして何時も、水分補給は欠かせないですよね。 お仕事先、学校先、お出掛先の水分補給にはどんなアイテムを使っていますか?   THERMOS(サーモス)とドイツの関係 以前一時帰国したときに、実家に余っていたTHERMOS(サーモス)を貰い、ドイツに持って帰ってきました。冬場仕事にいくのに、朝7時頃入れた温かいお茶が17時くらいまで温かくて、その保温力にびっくり・・・ ドイツには本当に色んなTee (紅茶)があるので、毎日違ったものをお仕事先に持って行くのが、またひとつの楽しみになりました。いつまでも温かいのが本当に助かります。 もちろん保温だけでなく、保冷にもすぐれているのがTHERMOS(サーモス)です。サイズもデザインも種類が豊富で自分にあったものが見つけられます。 保温・保冷 保冷 スポーツ用 小さいもの 大容量 ≫≫ サーモス 水筒 【スクリュータイプ】 500ml ダークネイビー... Read More
体と環境にやさしい【年末大掃除】道具おすすめ!ドイツ生まれのAURO(アウロ)とは?
エコなアイテム ドイツ

体と環境にやさしい【年末大掃除】道具おすすめ!ドイツ生まれのAURO(アウロ)とは?

気付けば年末ですが、新年を気持ちよく迎えるために大掃除をする方も多いのではないでしょうか?その掃除アイテムは人の身体に安心安全ですか?内容成分は意識したことはありますか? 掃除アイテムに限ったことではありませんが、生活用品の中には効果を上げるために多く使うと体に害を及ぼすもの、製造から輸送まで環境にとって悪影響を及ぼすもの、使用することによって水に溶けだして海を汚染してしまうもの・・・と見えないところで犠牲が出ていることがあります。 そんな商品を少量の使用では気づかないことも、長年使い続けていくことで健康をむしばんでいく可能性も大いにあります。 この記事では、年末の大掃除におすすめの環境と人にやさしいアイテムをご紹介します!   健康を守るアイテムを選ぶ あなたの生活の中心となっている場所はどこですか?家でも仕事場でも知らない間に化学製品を身体に取り込んでいるかもしれないと思うと、安心して生活できなくなりますよね。 殺菌剤や殺虫剤、効き目の強いものの多くは身体に害を及ぼす危険性のある成分が入っていることもあります。内容成分を見ずに効果だけを見て(期待して)商品を選ぶと、大切な自身の身体や一緒に暮らす家族や友人・恋人の健康までも脅かす可能性が高まります。 内容成分を見る習慣をつける 私たちは普段から食べ物はもちろんですが、掃除用具を選ぶときも内容成分をしっかり確認するようにしています。自然由来のものを多く含んだ製品は人にとってやさしいだけでなく、環境にとってもやさしい生活を送ることができます。最近は中身だけでなく、それを守る容器までも環境保護を配慮した素敵な商品がたくさん存在します。 下の記事では環境にやさしいフロッシュのアイテムの紹介とエコな掃除用具にもまとめているので、ぜひチェックしてみてください↓ ドイツ生まれの【Frosch】フロッシュはエコで安全!環境と人にやさしくお掃除しませんか? 大掃除はどこから手を付ける? ドイツでは普段から綺麗に保つことが一般的なので年末に「大掃除」するという文化はありません。大掃除をしようと思っている方でも普段から綺麗にしている所は大掃除でわざわざ手はつけませんよね。また日本は湿気がとても高い国であるので、いくらまめに掃除をしていても通気が悪いところは、カビが生えてしまったりすることも・・・つまり大掃除でキレイにしたいのは、 頻繁に掃除をしない場所 汚れが溜まってしまう場所 要らなくなった物の断捨離 ではないでしょうか?家中をとりあえず見回って掃除する場所や片づけたいものをリストアップすると効率よく大掃除ができます。 ≫≫... Read More
【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「まみむめも」
エコ

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「まみむめも」

生活する上で避けられないものがゴミですが、個人単位で環境保護に関して一番すぐに実行できることもまたゴミを減らすことではないでしょうか? プレゼント【エコラッピング】ゴミを減らして地球にやさしい包装 ゴミは燃やすことにもたくさんのエネルギーを必要としますが、燃やされてしまってまた必要になるものを製造するのにもたくさんのエネルギーが必要です。 買い物時は包装の少ないものを選ぶ、 買ったものは長持ちさせる、そんな些細なことが環境保護につながります。 この記事では少しでもゴミを減らせるようなアイデアをキーワードごとにまとめたものです。 【ア行】のことばでゴミを減らすアイデア集【カ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【サ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【タ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【ナ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【ハ行】のことばでゴミを減らすアイデア集   【ま】のつくゴミを減らすアイデア マイバッグ・マイボトル・・・使い捨ての需要を減らそう! マイ○○という言葉はかなり普及してきていますが、みなさんは実行に移していますか?1人でも多くの人が1回でも多くの「使い捨て」を減らすことでそれらの需要は減り、製造・輸送のエネルギーが減少され、ゴミも減って地球にかかる負担というのは軽くなります。 【使い捨て製品】が2021年ヨーロッパで禁止になる!プラごみを減らして環境・動物を守る 【み】のつくゴミを減らすアイデア ミニサイズ・・・なるべく避ける! 100均に売っているミニサイズ、トラベル用のミニサイズとその小さな容器は一件とても便利に可愛く見えますが、たいていの場合100ml当たりの値段はオリジナルのものよりも高く、買い替えることでゴミを増やすことにつながってしまいます。 トラベル用に詰替え用の容器も売っていますよね。旅行の旅にミニサイズを買い替えるのであれば、詰替え用を1回買うことでゴミは減らすことができるし、調味料などもどうしてもミニサイズが必要であれば、要らなくなった空き瓶を高温殺菌して自分でミニサイズを作ることも◎ 【む】のつくゴミを減らすアイデア 虫よけ・・・本当に必要なものか考えて包装の少ないものを選ぶ! 虫よけスプレー、殺虫剤・・・とおうちや野外で害虫を防ぐ時に使うその虫よけも、包装(パッケージ)の少ない物を選ぶことでゴミを減らすことができます。... Read More
35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【後編】
サスティナビリティ

35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【後編】

サスティナブル(持続可能)な生活を送る私がやっている35のこと【前編】を別の記事でまとめましたが、この記事はその【後編】になります。 【前編】では1~20のことを、この【後編】では21~35と2021年に実行したいと思っているサスティナブル(持続可能)なことを紹介しています。   サスティナブルな生活を送る理由 私がサスティナブルな生活を送るきっかけになったのは、完全に旦那さんの影響です。私と知り合う前から、持っている衣服はほぼオーガニックコットンを使ったものだったり、お財布はコルクや紙でできたもの。生活用品は主にBIO(オーガニック)を選んでいました。 私は昔から安くて質の良いものに目がなくて、セカンドハンドショップなどでそういったものを探すのは好きでしたが、その反面自分にとってあまり重要でないものは安価な商品をよく買っていました。 サスティナブルな生活を続けるようになったのは、やはり「なんで」サスティナブルな選択が重要なのか、その背景を調べるうちに、多くの環境・動物・人が犠牲になっていることで、地球の未来が見えないことに気づいたことからです。 21. ハーブや野菜を自家栽培をする 我が家では温かい時期にはバジル・パセリ・タイム・コリアンダーなどのハーブ系を育てたり、今年はミニトマトの他になすやパプリカを育てました。そうすることによってかかる資源は水だけで済みます。 例えばスーパーマーケットでそれらを買うと包装されていたりするので、それを避けてゴミを減らすことができるのも良いところですが、さらには農家から店への輸送によるCO2を削減することもできるのです。 エコで簡単な【家庭菜園】の健康レシピ!エコをかなえる3つのポイントを添えて 22. お花を育てる 食べ物以外にもお花を外で育てるようにしています。それによって虫が花の蜜を求めて集まり、自然界の生態は活発になります。また植物は光合成によって酸素を作るのでより多くの人が育てることによって少しでも地球上の酸素を増やすことができます。 23. 買わずにDIY ごはんを自分で作ることもそうですが、例えば自分で育てたお花や頂いたお花をドライフラワーにすることで、おうちやプレゼントのデコレーションとして活用したりします。その他にも旦那さんの実家に余っていた木の切れ端を使ってプランターや、タオルかけも作りました。 そうすることでゴミを減らせることはもちろん、輸送エネルギー・資源の削減などのメリットから、お財布にもやさしく経済的なメリットもありますね。... Read More
ゴミ袋は必要ない?ドイツの便利な【ごみ事情】
エコ ドイツ

ゴミ袋は必要ない?ドイツの便利な【ごみ事情】

日本人のプラスチック消費量については下の記事でも紹介したように、世界的に見てもとても多いです。なんでそんなに多いのか?と考えた時にその理由のひとつとしてあげられるのに、ゴミ袋があることに気が付きました。 今や市町村別にゴミの分別方法が異なり、指定のゴミ袋に入れなければゴミを捨てることができない地域も少なくありません。 この記事では、ドイツではどのようにゴミを分別しているのか日本のゴミ処理事情と比較しながらまとめています。   ドイツの家庭ごみ事情 ドイツでは家庭ごみを捨てるためには各家の前に設置された大きなボックスに入れなければいけません。この大きなボックス(色分けされている)は大きく分けて4つあります。 生ごみ(主に深緑や茶) 可燃ごみ(主に黒) プラごみ(黄色) 紙ごみ(青) 全てに共通することは、いつでも・そのままゴミを入れることができることです。そうすることによるメリットはたくさんありますし、日本の家庭で抱えている問題はほぼ解消されるのではないでしょうか? ドイツのゴミ処理の仕方のメリット いつでも出せることによって、溜まってしまう生ごみの匂いが気にならないので、家庭内の三角コーナーに蓋や、それらを入れるビニール袋の必要性がありません。またゴミを出し忘れてしまうこともないので、匂いが気にならなかったり、ストレスも軽減されるのではないでしょうか。 またゴミ袋を使わないことでゴミを入れるゴミ袋の消費を大量に減らすことができます。我が家ではすべてのゴミをゴミ箱に直接入れることで基本的にゴミ袋を使わずに生活することができます。 ドイツの黄色いボックス、プラごみ プラごみと言っても、プラスチック以外にも缶や発泡スチロールも一緒に捨てることができます。日本ではきれいなプラしかプラごみと認めない地域も多いので分別は多少楽なのではないでしょうか。 青いボックス、紙ごみ 紙ごみも引っ越し時や新しい家具を購入した時には大きめの段ボールのゴミなどが出ます。そんな時は家庭用の紙ごみボックスに入れるとあっという間にボックスがいっぱいになってしまうので、街の至るところにある大きな紙ごみ回収ボックスに入れることができるようになっています。 街のあちこちにある回収ボックス... Read More
【地球にやさしく】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「さしすせそ」
エコ

【地球にやさしく】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「さしすせそ」

環境保護について考えたときに、あなたにとって一番身近で一番すぐにできることの1つに「ごみを減らす」という行動があります。 たとえばお買い物の時、包装が少ないものを選んだりエコバックを持参してゴミになってしまうレジ袋をもらわないことなど、前もって計画的に生活していれば減らせるゴミがあれます。どうしても避けられないゴミは正しく分別したり、特定の場所に持って行くことによってリサイクルされる可能性も十分に広がりますよね。   さ行の言葉から考える・ゴミ(廃棄物)を減らすエコなアイデア ゴミ(廃棄物)が増え続ければどうなると思いますか? ゴミが増えれば・・・ ゴミを燃やすためのエネルギーはより多く必要 ゴミ焼却時と新たに製造する時に発生するCO2の増加が環境破壊につながる 燃やしきれないものは海外に輸送するのでそのエネルギーが必要 ゴミが増える結果まず犠牲になるのは自然です。自然の働きのバランスが崩れてしまえば、動物も人間も今の様に住めない環境になってしまいます。 この記事ではゴミになってしまっているものをキーワードごとにチェックできるようにまとめています! 🌱【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「あいうえお」... Read More
【エコ】なコーヒーメーカー【マキネッタ】おすすめのサイズと使い方
エコなアイテム

【エコ】なコーヒーメーカー【マキネッタ】おすすめのサイズと使い方

コーヒー好きなあなたはそのコーヒーを普段おうちで飲む場合、どのように淹れていますか?スタンダードのコーヒーメーカーからお店で使うようなカフェマシーンまで、たくさんの可能性があります。 この記事では、おいしいコーヒーをゴミを最小限に抑えてエコに淹れることのできるマキネッタ(エスプレッソマシーン)についてご紹介します!   エコなマキネッタとは何? スタンダードな8角のモカエキスプレスは、Alfonso Bialetti(アルフォンソ・ビアレッティ)が発明し1945年に完成させました。それを瞬く間にイタリアの売り手が広めていったのです。 マキネッタの呼び方 macchinetta(マキネッタ) Moka Express(モカエキスプレス)※モカエキスプレスはビアレッティの商標です。 Moka(モカ) マキネッタの良いところ 当時のオリジナルはアルミニウムでできていましたが、現在は長持ちする素材のステンレス・スチールで作られているものも有り、デザインもかなり豊富です。 マキネッタの良いところ 1杯から18杯用まで色んなサイズがある 簡単で早くておいしい ゴミはコーヒーのカスだけ 中の部品は古くなれば取り替え可能 Bialetti(ビアレッティ)は開発者であり、その名のついたモカエキスプレスはとっても有名ですが、ほかのブランドも個性があって自分好みのものを探すことも楽しみのひとつになること間違いなしです。... Read More
【一軒家は環境に悪い?】ドイツでは一軒家を新たに建てることが禁止になっている地域も存在する
エコ ドイツ

【一軒家は環境に悪い?】ドイツでは一軒家を新たに建てることが禁止になっている地域も存在する

ドイツでアパート・マンションなどの集合住宅に対して一軒家は長年の間、問題視されているのをご存知でしょうか?その中すでに一軒家を新たに建てることが禁止されている街もドイツには存在するのです。 その一番の大きな問題は、環境問題です。新築の一軒家を建てることはより多くの生態系を乱して、1人当たりのエネルギー消費量を増やしてしまいます。 この記事では、なんで一軒家の建築が環境に悪影響を与えるのか具体的な例と、環境にやさしい家づくりについてまとめています。   家を建てることは環境に悪い? 結論から言うと、家を建てることは環境に悪いです。家を建てるにはまず素材が必要で、それらは石・木材など自然由来のものである場合、例えば木が大量に必要になれば森林伐採で動物は追い出され、植物は育たず自然界の生態系が乱され、最悪の場合生態系は絶たれます。 そしてその素材を集める為のエネルギー・輸送にかかるエネルギー・加工製造にかかるエネルギーと全ての過程においてエネルギーが必要になってきます。もちろん人口素材であってもそれを製造するにはエネルギーが必要で、その過程で温室効果ガスが発生することや、細塵の発生は身体にも悪影響を及ぼします。 さらには家を建てるための土地は家を建てることによって完全に封鎖されるので、そこにある自然界の働きは絶たれ、そこが住宅地になれば交通量が増え車の排気ガスなどで二酸化炭素は増えていく一方です。 そしてこれらの問題は一軒家・集合住宅に関わらずに新しく建てる全ての建物に関する問題です。では新築の一軒家が他の建物よりも環境に悪いのはなんででしょうか? 土地に対する住居人 かなり単純計算であり1人当たりのスペースは異なりますが、ごく一般的な一軒家が2軒建つ土地を想像してみてください。その土地にマンションを建ててみましょう。前者の2つの家には2世帯しか住むことができませんが、マンションが4階建てであれば最高でも約8世帯が住むことが可能です。 日本はいい例です。住居を求める人口に対して都心にはほとんど空き地は残っていないので高層マンションがたくさん建てられています。 一方ドイツは土地がないということはありません。ドイツに訪れたことがある人なら想像しやすいように、街と街の間には必ずと言っていいほど広大な緑(自然)が広がっています。といっても自然を切り拓く必要もないほど、ドイツの大規模なオフィス街には多くの空のオフィスがあったり、かつて英軍やアメリカ軍の兵舎であった場所の近隣には空き家が存在します。 大きな一軒家に2人 例えば4人家族、両親と子どもが2人一軒家に住んでいたものが、子どもたちが何らかの理由で家を出るとしましょう。で、人が少ない分部屋が温まりにくくもなります。 エネルギー:暖房の問題 ドイツは日本に比べると夏の湿度が低いため、あのムシムシした体にへばりつくような暑さはほとんどありません。なのでエアコンがなくても窓を開けて換気すればある程度暑さをしのぐことができます。その証拠にエアコンを常備している家はそう多くありません。 しかし冬場の暖房は必須です。その暖房には化石燃料・ガス・木材が必要で、それらを燃やすと温室効果ガスが発生します。 社会的にもマイナス... Read More