【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「あいうえお」
エコ

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「あいうえお」

世界中のゴミ問題は深刻化しています。なぜなら真剣に向き合っている人がまだまだ少ないから。 長い間問題になっていて、目を背けられるのは自分の生活する範囲に全くまたは、わずかにしか影響が与えられていないために、地球のどこかで起こっているひどい現状には目に留まらないからです。 例えば、ゴミのポイ捨て・不法投棄によって海へとそれらが流れ、ゴミの成分が溶けた出したり、海洋汚染へとつながります。 また、リサイクルされるべき素材(プラスチック・缶・瓶など)はきちんと分別されずに可燃ゴミとして燃やされてしまい、また新たにたくさんの資源とエネルギーを使って生産しなければならないのです。 その生産にかかる資源・エネルギー原料にも限りがあり、全ての生産工程が安全で環境にやさしいとは限らず、自然はどんどんと汚されていくのです。 ゴミ(廃棄物)を減らす あいうえお ひとりひとりがこの問題に真剣に向き合って、1つでもゴミを減らしていけば現状は変わります。その人数を増やすべく、人との意見交換が本当に重要です。なんで、そう考えるのか、なんでそれが重要なのか、それらのなんで?に答えることができますか? 【エコ】廃棄物の処理で気を付けられる6つのチェックポイント!ドイツのリサイクルシステム なんで、ゴミを分別しない人がいると思いますか? 【あ】 環境保護・エコにするアイデア 【あ】 環境保護・エコにするアイデア アルミ缶・・・アルミ缶はリサイクル! アルミ缶を新しく作り出すには、(限りある)資源が必要 アルミの原料であるボーキサイトの生成には、熱帯雨林が適しているため、広範囲の熱帯雨林の伐採が生じる しかしアルミ缶の良いところはリサイクルできるということ。それにかかるエネルギーはとても少なく済みます。 アルミ缶を使ったらきちんと分別し、リサイクルする アルミホイル・・・アルミホイルの利用は最小限に! アルミホイルはゴミとして燃やせば灰になる 製造過程に多くの水力発電が必要なためたくさんのエネルギーを消費してしまう... Read More
【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「はひふへほ」
エコ

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「はひふへほ」

なにごとも習慣化した行動や意識を変えることは難しいですが、そこに新しい習慣を上乗せしていけばより簡単に変えることが可能です。 お店でテイクアウトしたものを家で食べる時、宅配サービスを利用しておうちで食べる時に、一式でもリユースできる食器がおうちに常備されていれば使い捨ての食器は不要ですよね? 食器を洗うのが面倒くさい人のはあなただけではないはずで、少なくとも100…1000…10000人ともっとたくさんいます、使い捨て食器を使ってゴミとして捨てているのが週1回の人がいれば週3回の人がいるかもしれない。 そんな理由でその分ゴミは増え、それを燃やすエネルギー、そこで発生する二酸化炭素が地球温暖化の原因となって、未来を生きる人々は地球上で生活できなくなるかもしれない。 例えばプラの原料のひとつである石油の輸入が途絶える可能性も0ではないのに、無駄遣い。二酸化炭素を排出してせっかく作ったプラも一度きりで燃やされるので需要が減らない限りまた生産されます。 もちろんこのような話はほんの一部ゴミ問題であって、ゴミ問題全体を見れば変えられる現実・現状というのはたくさんあります。 この記事では、キーワードごとにゴミ問題との結びつきを考え、ゴミを減らすきっかけになるようにと願いを込めてまとめています。 🌱【ア行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【カ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【サ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【タ行】のことばでゴミを減らすアイデア集🌱【ナ行】のことばでゴミを減らすアイデア集 【は】のつくゴミを減らすアイデア 発泡スチロール・・・発泡スチロールはリサイクル! 発泡スチロールはテイクアウトの料理を入れる容器・スーパーの魚やお肉のパックであったり、梱包用の道具であったりしますよね。 地域ごとに異なりますが、発泡スチロールは洗って資源ゴミとして回収してもらえばまたリサイクルされて生まれ変わってくれます。自治体によって可燃ゴミとして取り扱われる場合もあるようですが、スーパーマーケットやイオンのショッピングモールなどでは回収箱というものがあるので手間ですがそこに持って行くのもリサイクルの手助けになりますよね。リサイクルは資源を守ります! 歯ブラシ・・・プラスチック製を極力使わない! プラスチック素材にも様々な種類がありますが、その製造にたくさんのエネルギーが必要であったり、その原料が限りある資源であることがほとんどです。歯ブラシは使用後可燃ゴミとして捨てられてしまう以上、環境にあまり負担がないものを選びたいですよね。 歯ブラシはプラ製以外にも木・竹製のものが売られています。これらもまた限りある資源ですが、木でも捨ててしまわれるような切れ端を救って作られたものや、木よりも再生能力が高いことでサスティナブルな素材として有名な竹のものを使うことで少しでも環境への負担を減らすことができます。 【レジ袋有料化】日本人はプラスチックが好きなわけじゃない。ただ存在が当たり前になっているだけ。 【ひ】のつくゴミを減らすアイデア 引っ越し/span>・・・エコなアイテムを選ぶ! 引っ越し作業で必要になってくるのが梱包材ですよね。例えばガムテープ1つにしても紙製の頑丈なテープがあったり、段ボールでもガムテープなどで止めずに済むリユースできる段ボールというものも存在します。... Read More
【ベルリン】サスティナブルなホテル【環境問題】を配慮した素敵な取り組み
サスティナビリティ ドイツ

【ベルリン】サスティナブルなホテル【環境問題】を配慮した素敵な取り組み

別の記事でベルリンのサスティナブルなクリスマーケット巡りをしたときに回ったマーケットをまとめましたが、実はその時宿泊したホテルもサスティナブルなホテルだったので、この記事では、そのホテルの取り組みやどんなところがサスティナブルなのか?をまとめました。 ベルリンの【サスティナブル】クリスマスマーケット【エコ】 そのホテルについて調べていると、経営者の方が「持続可能なホテルを建てる準備は大変だけれど持続することは簡単だ」と書いているのを目にしました。 それは普段の生活でも言えることで、私たち夫婦も環境にやさしい家具・家電を選ぶにしても、本当に信頼できる良い商品を見つけるためには、しっかりとリサーチするために時間を使うことで、長持ちする一生ものに出会うことができたりします。 また、サスティナブルな生活を意識して変えた習慣がはじめはやはり慣れないですが、いつか当たり前になって、その新しい習慣が「普通」になって続けることは決して難しいことではないことに気が付きます。 この記事で紹介することはサスティナブルなホテルの取り組みですが、個人の生活にも応用できるものがたくさんあるのでぜひ最後まで読んでみてください。 サスティナブルなホテル in ベルリン 私たちが泊まったホテルはベルリン市内にある、Lulu Guldsmedenというサスティナブルなホテル。最寄駅のPotsdamer Platz(ポツダマープラッツ)はソニーセンターがある駅で、有名なベルリンフィルの本拠地であるフィルハーモニーの方向に15分ほど歩くと、そのホテルがあります。歩くのを避けたい場合はバスも通っています。ポツダマープラッツはどこにでもアクセスがいいので市内観光の移動には困りません。 Guldsmedenはデンマークの首都コペンハーゲンのホテルチェーン。木を基調としたインテリアはやすらぎを与えてくれて、アメニティは全てBIOオーガニック商品で香りも癒し系。2泊3日の滞在はとても快適なものでした! ドイツのBIO商品って何?エコで健康的な【オーガニック】 サスティナブルなポイント お部屋に入るとなぜだか分からないけど、なんだかとても落ち着く雰囲気に包まれます。その理由はこだわりぬかれた工夫の数々を知ることで明らかになります。 サスティナブルなお部屋の家具    ... Read More
【レジ袋有料化】がなぜ意味がないと言われるのか?環境にもたらすメリットとは?
エコ

【レジ袋有料化】がなぜ意味がないと言われるのか?環境にもたらすメリットとは?

2020年7月1日からコンビニなどでポリ袋が有料化されてから半年が経とうとしていますが、慣れましたか? 賛否両論ありますが、無関心ではどうかいないでください。私はこの話題でもっと多くの人が、環境保護やゴミ問題について真剣に向き合う機会を作るきっかけになればいいと思っています。 というとちょっと堅苦しいですが、簡単にいうと「それ(ゴミになるもの)絶対に要る?」と自分に質問を投げかけるだけで簡単に考えはめぐらせることはできます。 ただ与えられた情報(中にはデマもある)を真に受けるだけじゃなくて、自らの頭で考えて自らの意志を持つことが本当に大事です! 例えば大げさに言えば、この○○っていう薬がコロナウイルス対策になるんだって!という本当か嘘か分からない情報が至る所で話題になっていたとします。これを真に受けて、服用した数年後、実はこの薬には副作用があって、10年後○○という病気になってしまうということが判明。 ・・・(こんなことがあったら)取り返しがつかないですよね?これは極端な例ですが、情報を鵜呑みにすることは、時にとても危険なことで、全てのことが健康や命にかかわらないことだとしても、環境問題は今を生きる人類にとっては、大きな問題に直面することはない可能性もありますが、現状は深刻化しているわけですから、自分たちより未来を生きる来世にとっては健康や命にかかわる問題なのです。 情報源を明らかにして、信頼できる媒体や人から情報を集めて判断、人と話合えば大抵のことは正しい情報へと結びついてくれます。 前置きが長くなってしまいましたが、今回のポリ袋有料化をきっかけにまずは、「それ(ゴミになるもの)絶対要る?」と問いかけてください。   日本人はプラスチック大好き!と言われている。その驚くべきプラスチックの消費量 話題となっているポリ袋はプラスチックに分類されるわけですが、日本人一人当たりのプラスチック包装廃棄物の年間消費量はアメリカ合衆国に次ぐ世界2位(2015年度)という結果がでています。 In 2015, plastic packaging waste accounted for 47... Read More
【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「まみむめも」
エコ

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「まみむめも」

生活する上で避けられないものがゴミですが、個人単位で環境保護に関して一番すぐに実行できることもまたゴミを減らすことではないでしょうか? プレゼント【エコラッピング】ゴミを減らして地球にやさしい包装 ゴミは燃やすことにもたくさんのエネルギーを必要としますが、燃やされてしまってまた必要になるものを製造するのにもたくさんのエネルギーが必要です。 買い物時は包装の少ないものを選ぶ、 買ったものは長持ちさせる、そんな些細なことが環境保護につながります。 この記事では少しでもゴミを減らせるようなアイデアをキーワードごとにまとめたものです。 【ア行】のことばでゴミを減らすアイデア集【カ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【サ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【タ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【ナ行】のことばでゴミを減らすアイデア集【ハ行】のことばでゴミを減らすアイデア集   【ま】のつくゴミを減らすアイデア マイバッグ・マイボトル・・・使い捨ての需要を減らそう! マイ○○という言葉はかなり普及してきていますが、みなさんは実行に移していますか?1人でも多くの人が1回でも多くの「使い捨て」を減らすことでそれらの需要は減り、製造・輸送のエネルギーが減少され、ゴミも減って地球にかかる負担というのは軽くなります。 【使い捨て製品】が2021年ヨーロッパで禁止になる!プラごみを減らして環境・動物を守る 【み】のつくゴミを減らすアイデア ミニサイズ・・・なるべく避ける! 100均に売っているミニサイズ、トラベル用のミニサイズとその小さな容器は一件とても便利に可愛く見えますが、たいていの場合100ml当たりの値段はオリジナルのものよりも高く、買い替えることでゴミを増やすことにつながってしまいます。 トラベル用に詰替え用の容器も売っていますよね。旅行の旅にミニサイズを買い替えるのであれば、詰替え用を1回買うことでゴミは減らすことができるし、調味料などもどうしてもミニサイズが必要であれば、要らなくなった空き瓶を高温殺菌して自分でミニサイズを作ることも◎ 【む】のつくゴミを減らすアイデア 虫よけ・・・本当に必要なものか考えて包装の少ないものを選ぶ! 虫よけスプレー、殺虫剤・・・とおうちや野外で害虫を防ぐ時に使うその虫よけも、包装(パッケージ)の少ない物を選ぶことでゴミを減らすことができます。... Read More
35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【後編】
サスティナビリティ

35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【後編】

サスティナブル(持続可能)な生活を送る私がやっている35のこと【前編】を別の記事でまとめましたが、この記事はその【後編】になります。 【前編】では1~20のことを、この【後編】では21~35と2021年に実行したいと思っているサスティナブル(持続可能)なことを紹介しています。   サスティナブルな生活を送る理由 私がサスティナブルな生活を送るきっかけになったのは、完全に旦那さんの影響です。私と知り合う前から、持っている衣服はほぼオーガニックコットンを使ったものだったり、お財布はコルクや紙でできたもの。生活用品は主にBIO(オーガニック)を選んでいました。 私は昔から安くて質の良いものに目がなくて、セカンドハンドショップなどでそういったものを探すのは好きでしたが、その反面自分にとってあまり重要でないものは安価な商品をよく買っていました。 サスティナブルな生活を続けるようになったのは、やはり「なんで」サスティナブルな選択が重要なのか、その背景を調べるうちに、多くの環境・動物・人が犠牲になっていることで、地球の未来が見えないことに気づいたことからです。 21. ハーブや野菜を自家栽培をする 我が家では温かい時期にはバジル・パセリ・タイム・コリアンダーなどのハーブ系を育てたり、今年はミニトマトの他になすやパプリカを育てました。そうすることによってかかる資源は水だけで済みます。 例えばスーパーマーケットでそれらを買うと包装されていたりするので、それを避けてゴミを減らすことができるのも良いところですが、さらには農家から店への輸送によるCO2を削減することもできるのです。 エコで簡単な【家庭菜園】の健康レシピ!エコをかなえる3つのポイントを添えて 22. お花を育てる 食べ物以外にもお花を外で育てるようにしています。それによって虫が花の蜜を求めて集まり、自然界の生態は活発になります。また植物は光合成によって酸素を作るのでより多くの人が育てることによって少しでも地球上の酸素を増やすことができます。 23. 買わずにDIY ごはんを自分で作ることもそうですが、例えば自分で育てたお花や頂いたお花をドライフラワーにすることで、おうちやプレゼントのデコレーションとして活用したりします。その他にも旦那さんの実家に余っていた木の切れ端を使ってプランターや、タオルかけも作りました。 そうすることでゴミを減らせることはもちろん、輸送エネルギー・資源の削減などのメリットから、お財布にもやさしく経済的なメリットもありますね。... Read More
35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【前編】
サスティナビリティ

35の【サスティナブルな生活】を送る私がやっていること【前編】

私がサスティナブル(持続可能)な生活を意識し始めてからというもの、一気にたくさんの習慣を変えたわけではなく、マイペースに自分にできることを増やしていきました。 企業が与える影響はもちろん大きいですが、それだけでは環境・人権問題は変わっていきません。企業が提供するサービスや商品を利用する個人が少しでも地球の・この世に生きる全ての生物の未来を考えて行動することが根本的な原因を解消し、その数が増えることでどんどん大きな力になり結果につながります。 この記事では、私がサスティナブルな生活を送る上で意識・実行していることと、これから実行に移したいことをまとめました。   サスティナブルな生活とは? サスティナビリティ(Sustainability)は持続可能性のことで、ドイツ語ではNachhaltigkeit(ナッハハルティヒカイト)といいます。ドイツでは至る所にその言葉を聞き、商品を見れば “nachhaltig” と示されていることが多々あります。 「サスティナブル(持続可能)な生活」とは、環境・生き物にやさしくあることで、それらがずっと未来に良い形で続いていくように繋げる生活のことです。 サスティナブルな生活 ※この記事では朝起きてから夜寝るまでの1日のルーティーンとして順を追ってまとめ、前編では朝起きてから買い物までのルーティーンをまとめています。 1. トイレットペーパーは再生紙 朝起きてトイレに行くと、そこにすでに意識できることがあります。トイレットペーパーは新しい資源を必要としない再生紙を選ぶことです。 トイレットペーパーや紙の消耗品の主な原料は木です。これも限りある資源であり、無駄遣いを続ければやがて木はなくなってしまいます。 例えば木は地球温暖化の原因となっているCO2(二酸化炭素)を吸収してO2(酸素)を発生させます。この木を守ることが、未来を守ることにつながるのです。 ≫≫ トイレットペーパー(再生紙100%)業務用 2.... Read More
サランラップ?クレラップ?塩分を含んだラップとは。使いすぎを控えて環境保護
エコ エコなアイテム

サランラップ?クレラップ?塩分を含んだラップとは。使いすぎを控えて環境保護

とても便利なラップですが、みなさんはご自宅に常備していますか?基本的に使い捨てるこのラップもまた地球温暖化の原因になったりと環境に悪影響ですが、それ以外にも無意識にしている行動が実は健康的に悪影響であることをご存知でしょうか? 今何の健康被害もないから大丈夫と思っていても、その習慣を続けることによって何十年後に何かの病気の原因となっているかもしれません。環境にとってはプラの利用が増えればゴミが増え、二酸化炭素が増え、地球はどんどんと汚されていきます。 一人一人がしっかり使い方を守ること、 できる限り利用を減らすことが大切ではないでしょうか?この記事では食品用ラップについてまとめています。   ラップを使いすぎた結果、環境への影響は? 食品用ラップの素材は大きく分けるとプラスチックですが、2020年はポリ袋が有料化されたり、使い捨てのストローが紙製に変わったりと、減プラスチックの運動は少しずつですが活発になってきています。 【レジ袋有料化】日本人はプラスチックが好きなわけじゃない。ただ存在が当たり前になっているだけ。 ダイオキシンの話は本当? 今回の話題である「食品用ラップ」の中で問題視されているのは燃やすことによって発生するダイオキシンでしょうか。しかしそれは全てのラップに当てはまるわけではなく、塩素の含まれたラップがそれを燃やすことでダイオキシンは発生させるのです。 またダイオキシンは800℃以上の高温で完全燃焼されれば発生しないそうで、現在の日本の焼却炉は850~900℃なのでダイオキシン発生の心配はないそうです。 (参考:🌱ラップの素材を比較!原料の種類による違いとは?【ポリ塩化ビニリデン/ポリ塩化ビニル/ポリエチレン/ポリオフィレン】)🌱脱・焼却の戦略示せ ごみをどうする(中) ラップのごみ問題 ほとんどの人がラップは使い捨てているのではないでしょうか?また家庭で出たラップのごみは資源ごみとして回収されないためリサイクルされることはなく、可燃ごみとして燃やされてまた1から生産することになります。 つまりラップが必要とされる限り、製造・使用・燃やすことでたくさんの二酸化炭素を排出し続けることにつながるのです。 ラップの原料は限られた資源 使われている割合は違うものの、ラップの原料として使われているのは石油です。ラップの需要が増えれば増えるほどこの限られた資源が消費され続けるのです。 石油は外国からの輸入に頼っている話... Read More
【ベジタリアン・ヴィーガン】が肉を食べないのはなぜ?環境に悪い激安肉の裏側
エコ サスティナビリティ

【ベジタリアン・ヴィーガン】が肉を食べないのはなぜ?環境に悪い激安肉の裏側

ベジタリアン・ヴィーガンという言葉は日本でも徐々に浸透してきていますが、ただただ「野菜を食べる」という印象しか持っていない人は少なくないのではないでしょうか? そもそも私自身このブログで、ドイツの生活を通して知ったエコの記事とベジタリアンの食事・・・なんでそこが結びつくの?と疑問を持つかたに、ぜひこの記事を読んでいただきたいです。 食肉・魚を食べない人が増えることで、その消費を減らし、動物を守るだけでなく、地球をも守ることにもつながります。ここで、今回のテーマ【食肉】を作ることが、どれだけのエネルギー・資源を必要とするのか順を追って紹介していきます。 食べ物だけじゃない?!【ベジタリアン】ではなくビーガンって何?   それはどこから来たお肉?お買い物時のチェックはしていますか? スーパーでお肉を買う時などにチェックするものといえば、値段・内容量・そして生産地だと思います。値段を見て安いものを買ったり、国産か輸入品かを見て国産品を選んだり、買い物で優先させるものは人それぞれだと思います。 実は、その生産地をチェックすることが、人権や環境保護にとっても大事なので、チェックするのとしないのでは大きな差になるのです。 さらには、生産地をチェックするだけではまだ足りなくて、もうひと探り必要なのです。 生産地で環境へ与える打撃は変わってくる 国産品と海外からの輸入品は環境保護に対して、すでに大きな差があります。 なぜなら、海外から輸入される商品は、国内トランスポートの距離・時間よりも長くかかってしまうので、その分エネルギーが必要だからです。 日本は島国なので、海外からのトランスポートは、トラックなどの陸輸は不可能なので、飛行機による空輸や船での船輸が必須です。その分莫大なエネルギーがかかるのは明らかですが、特に船による海洋汚染は環境保護の重要なテーマとなっています。 また精肉は生産地から目的地までの長い道のりの間、新鮮さを保たなければなりません。そのために冷凍・冷蔵するエネルギーも距離が長くなればなるほど必要となり、大きくなっていきます。 たまに海外から輸入された商品のほうが、国産よりも安く販売されていることがありますよね。さて、そういったコストは一体どこで削減されているのでしょうか? 生産地に加えて、精肉工場をチェックする お肉に限らず、お客さんに安く商品を提供するには、どこかでコストを削減しなければなりません。どうして私たちは運送で海や大気を汚してやってきたMade in Chinaの文字をよく目にするのでしょうか?... Read More
ゴミの分別1つで【サスティナブルな暮らし】につながる!ゴミ処理の6つのポイント
サスティナビリティ

ゴミの分別1つで【サスティナブルな暮らし】につながる!ゴミ処理の6つのポイント

Nachhaltigkeit=持続可能性は、ドイツでよく耳に目にする言葉のひとつです。同じ意味の英語でSustainability(サステナビリティ)といえばピンときますか? サスティナビリティ(持続可能性)とは・・・ 長い期間持続する効果のことです。未来に長く続く持続可能な地球を守るため、いかに環境に与える悪影響を抑えるか、環境保護につながるエコなことなどが【サスティナビリティ(持続可能性)】なのです。(引用:なんで? in ドイツ) この記事では、サスティナブルな生活を送る上で「ゴミ処理」で気を付けられることをまとめています。生活していれば絶対に出てくるゴミだからこそ、まずはそれらを減らすこと、それから出たゴミはしっかり分別することがサスティナブル(持続可能)な生活へとつながります。   サスティナブルな生活:ごみ処理の6つのポイント あなたが普通に生活する上でゴミを避けることは不可能ですよね?食べ物を食べればゴミは出るし、鼻をかめばティッシュを使ったり、トイレに行けばトイレットペーパーを使う・・・とどう考えてもゴミ0の生活を送ることは不可能です。 ただ、ちょっとでもそれを減らしたりすることは不可能ではないですよね。そんな気づきがサスティナビリティ(持続可能性)に繋がります! サスティナブルな生活を送る6つのポイント ゴミはどんな時もできるだけ避けるように心がける ゴミの分別はしっかり正しくする 生活のゴミを減らすために計画的に買い物をする 残り物も食べたり調理して使う ゴミになってしまう素材でできたものではなく、再利用できる素材からできたものを選ぶ 環境にやさしい飲物を優先的に飲む(水道水・化学製品が入っていない飲物やお茶) なんでサスティナビリティ(持続可能性)に結びつくのか? 1つ目のポイントである「ゴミを減らすこと」1つにしても、ゴミの量が減れば・・・それを燃やすためのエネルギーが削減され、エネルギーを作り出す石油などの限られた資源の使用を減り、さらには燃やす時に発生する二酸化炭素も削減することができるのです。... Read More