なんで? in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんとのドイツの生活

【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「たちつてと」

我が家のキッチンを見渡すと、保存食の麺類やナッツ類などビニール袋に包装されたものがたくさん見当たります。やはり衛生面や保存性を考えると、紙袋だけでは補いきれないもの、また多くものが瓶詰されているわけでもないので完全プラスチックフリーにするには例えば自給自足していたり、プラスチックフリーの食料品商店が家の近くにあったりと環境が整っていなければなかなか難しいのが現状だと思います。

 

そんな中1人でも多くの人が少しだけでも「プラスチックを減らそう」と気を付ければ、やがてそれが多くの人・大きな数となって、プラスチックゴミの削減につながり、それとともに需要を減らすことにもなりますよね。需要が減れば将来的に新しく生産される数も減らすことができるかもしれません。プラスチックの原料である石油は限りある資源であり、もちろん紙の原料の木も限りある資源。資源を無駄遣いしないようにも、ゴミを減らすことは環境保護にとって、とっても重要なことです。

 

【た行の言葉】ゴミ(廃棄物)を減らすエコなアイデア

毎日のように出てくるゴミを減らすことは誰にでも身近にできる環境保護のひとつです。何から始めよう、何をすればいいの?という方にとってアイデアを持つきっかけになれば嬉しいです。これまでのア行からサ行までの記事は下からチェックしてみてください。

 

【た】のつくゴミを減らすエコなアイデア

・・・再生能力の高い竹の商品を積極的に使うことで地球を守る。

別記事でご紹介したように、竹は再生能力が高く1日に約1メートルも成長すると言われています。大半の紙の資源であるは切られ方や環境にもよりますが、伐採されれば再生しない木もあれば、再生するにも長い年月がかかります。なので竹の製品を使うことによって、という資源を守ることができます。

例えば我が家でも愛用している竹でできたキッチンペーパーは使用後洗えば、また新しいキッチンペーパーとして1枚あたり最高100回も繰り返し使用できる(※メーカーによります)と記されています。紙のキッチンペーパー100枚分のゴミが竹素材の1枚で補えると考えるとかなりの量の紙ゴミを減らせることになりますね。

 

【ち】のつくゴミを減らすエコなアイデア

調味料(Gewürze)・・・調味料を買い替えるときは詰替え用を。

調味料も集めればキリがありませんが、新しく購入する際、目にするのは小さなプラスチック容器に入った調味料ではないでしょうか?更にまた新しく買い足す時にその容器を捨ててしまうのではなく、中身だけ詰替えるとまたひとつプラスチックゴミが減りますよね。

チラシ・・・不要なチラシはお断りをしっかりアピールする。

ドイツでは宣伝チラシがよくポストに投函されます。そのため、自宅のポストには宣伝お断りのシールを貼っている家が多いです。たった一人それをしたところでお店のチラシの発行数が変わることはないでしょうが受け取らない家がどんどん増えて100、1000、10000となれば捨てられる紙の枚数は減っていきます。環境保護は小さい事の積み重ねではないでしょうか。

【つ】のつくゴミを減らすエコなアイデア

使い捨て商品・・・使い捨てを減らすことで不要なゴミをなくす!

案外生活の中で当たり前のように使っているものが使い捨てずに済むかもしれません。

  • ウェットティッシュ
  • メイク落としシート
  • 紙皿
  • 割り箸・・・

もちろんこれらは便利商品ともいえますが、便利なものはそれを使わざるを得ないときや外出先で使って、日用品は代用品で補うことで出すべきでないゴミを減らすことができますよね。

詰替え・・・新しく買い替える必要はある?容器はリユーズして詰替え用を積極的に利用する!

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 洗剤系

これらだけでも詰替え用を使うことによってゴミが削減できます。プラスチックのリサイクル資源を使った容器を導入しているブランドもあるので、お買い物の時に改めてチェックしてみると何か地球のために改善できることがあるかもしれません。

【て】のつくゴミを減らすエコなアイデア

ティーパック・・・ティーパックは繰り返し使えるものを使うようにする。

この季節温かいお茶を飲む機会は減っていても、冷たいお茶を家で作る人は多いのではないでしょうか?小分けにパックされたものではなく、お茶の葉を選ぶこともゴミを減らすことにつながりますし、それからさらに繰り返し使える金属・シリコン製ティーパックに入れて沸かすことで毎回ゴミを減らすことができます。

【と】のつくゴミを減らすエコなアイデア

トイレットペーパー・・・トイレットペーパーはリサイクル紙を使う!

ドイツでも売られているトイレットペーパーの半分は再生紙で、半分はそうではない印象を受けます。日常生活で使用しない日は無いかと思いますが、普段何気なく買っているのであれば、その商品が再生紙なのか一度チェックしてみてください。再生紙のトイレットペーパーを使うことでリサイクルの需要は増え、新しい資源の需要は減っていきます。