【ベジタリアン・ヴィーガン】が肉を食べないのはなぜ?環境に悪い激安肉の裏側
エコ サスティナビリティ

【ベジタリアン・ヴィーガン】が肉を食べないのはなぜ?環境に悪い激安肉の裏側

ベジタリアン・ヴィーガンという言葉は日本でも徐々に浸透してきていますが、ただただ「野菜を食べる」という印象しか持っていない人は少なくないのではないでしょうか? そもそも私自身このブログで、ドイツの生活を通して知ったエコの記事とベジタリアンの食事・・・なんでそこが結びつくの?と疑問を持つかたに、ぜひこの記事を読んでいただきたいです。 食肉・魚を食べない人が増えることで、その消費を減らし、動物を守るだけでなく、地球をも守ることにもつながります。ここで、今回のテーマ【食肉】を作ることが、どれだけのエネルギー・資源を必要とするのか順を追って紹介していきます。 食べ物だけじゃない?!【ベジタリアン】ではなくビーガンって何?   それはどこから来たお肉?お買い物時のチェックはしていますか? スーパーでお肉を買う時などにチェックするものといえば、値段・内容量・そして生産地だと思います。値段を見て安いものを買ったり、国産か輸入品かを見て国産品を選んだり、買い物で優先させるものは人それぞれだと思います。 実は、その生産地をチェックすることが、人権や環境保護にとっても大事なので、チェックするのとしないのでは大きな差になるのです。 さらには、生産地をチェックするだけではまだ足りなくて、もうひと探り必要なのです。 生産地で環境へ与える打撃は変わってくる 国産品と海外からの輸入品は環境保護に対して、すでに大きな差があります。 なぜなら、海外から輸入される商品は、国内トランスポートの距離・時間よりも長くかかってしまうので、その分エネルギーが必要だからです。 日本は島国なので、海外からのトランスポートは、トラックなどの陸輸は不可能なので、飛行機による空輸や船での船輸が必須です。その分莫大なエネルギーがかかるのは明らかですが、特に船による海洋汚染は環境保護の重要なテーマとなっています。 また精肉は生産地から目的地までの長い道のりの間、新鮮さを保たなければなりません。そのために冷凍・冷蔵するエネルギーも距離が長くなればなるほど必要となり、大きくなっていきます。 たまに海外から輸入された商品のほうが、国産よりも安く販売されていることがありますよね。さて、そういったコストは一体どこで削減されているのでしょうか? 生産地に加えて、精肉工場をチェックする お肉に限らず、お客さんに安く商品を提供するには、どこかでコストを削減しなければなりません。どうして私たちは運送で海や大気を汚してやってきたMade in Chinaの文字をよく目にするのでしょうか?... Read More
【マナーが増やすゴミ】手土産の渡し方?のし紙?紙袋?
エコなアイテム サスティナビリティ

【マナーが増やすゴミ】手土産の渡し方?のし紙?紙袋?

日本に住む外国人の話を聞いていると、日本の過剰包装はカルチャーショックのひとつにあがる話題です。 百貨店や大きな駅に行けば必ずあるお土産コーナー、家に帰って開けてみると手提げ袋から商品を口に行きつくまで開封する袋は一体何枚あるのか、というほどしっかりと包装されていますよね。 賞味期限が短いのにさらに新鮮さを求め、防腐剤などが1つ1つの商品に入っていることも珍しくありません。 この記事では、日本に存在するマナーがゴミを増やしてしまっている現実についてまとめました。   新鮮さを求めるがあまり増えるゴミ どの商品が際立って個包装が多いという例はなく、全般的に個包装が多いのが日本の商品です。例えば「お菓子の詰め合わせ」はどうでしょうか。 おうちで食べた時のことを考えてみてください。すべて食べ終わったときに出ているゴミはどのくらいあるでしょうか? 必要な分だけおいしく食べるため、より長く新鮮さを保つため、また配ることなどを踏まえて小分け包装は今や常識になっています。 過剰包装はあり得ない?!ドイツのスーパーマーケットで見かける【エコ】な包装 見た目の美しさを優先して増えるゴミ 小分け包装も見た目に一躍買っているのは確かですが、それを並べる箱・厚紙の多さも異常に多いですよね。さらにはそれを包む包み紙や、プラで包装されているものもあります。 祝い事・季節のあいさつのマナーが増やすゴミ 入園・入学祝い、就職祝い、結婚祝いのお祝い事や、新年・お歳暮などの季節のあいさつの際に贈るときのマナーは色々とありますよね。 のし紙はゴミに お祝いやお礼の際にマナーとされている「のし紙」ですが、ほとんどの人が捨ててしまうものなのではないでしょうか。 マナーを優先させることで増やすゴミのひとつにすぎませんが、このような無駄なゴミを増やす代わりになるマナーや常識が生まれれば良いですよね。   手提げ袋の無駄... Read More
【サスティナブルな生活】健康と環境を思う4つのポイント、ベジタリアン・ヴィーガン・公正取引商品
サスティナビリティ

【サスティナブルな生活】健康と環境を思う4つのポイント、ベジタリアン・ヴィーガン・公正取引商品

サスティナブルな生活?そんなの意識高い系の人がやっている事でしょ、私には無縁だわ。と思っているあなた?今の地球の危機的状態を知れば知るほど、それは知らないふりできるような問題では決してないのです! 健康に生活を送る上で欠かせないことが「食事」ですが、作るのが面倒だから安くて美味しいサービスを利用していませんか?激安スーパーに行って買い溜めしていませんか?そんな行動がもしかすると間接的に人権・子どもの勉強時間・健康を奪っているかもしれないのです。 それでもそんな事実を見てみぬふりをして続けたい人は一体どれだけいるでしょうか? 今一度サスティナブル(持続可能)という言葉の意味を・・・ 長い期間持続する効果のことです。未来に長く続く持続可能な地球を守るため、いかに環境に与える悪影響を抑えるか、環境保護につながるエコなことなどが【サスティナビリティ(持続可能性)】なのです。(引用:なんで? in ドイツ) この記事では健康な生活に欠かすことのできない栄養面にスポットをあてて、サスティナブル(持続可能性)な生活を送る上で意識すべく、たった4つのことをまとめました!   【サスティナブルな生活】を送る上で重要な4つのポイント 健康を気遣い、環境を気遣うサスティナブル(持続可能)な生活に必要なたった4つのこととは・・・ サスティナブルな生活を送る4つのポイント なるべく住んでいる近くの地域のもの・その季節の旬な食材を選ぶ 整えられた環境で作られたオーガニック商品を選ぶ 品質保証マークのついた生活用品を使う お肉を食べない日を作る このうちのたった1つだけ意識して行動するだけでもより多くの人が意識すればするほど、未来はどんどんサスティナブル(持続可能)なものに変わっていきます! サスティナビリティ(持続可能性)に繋がる理由 あなたはこの4つのポイントを見て、なんとなくでも「健康的だな~」と感じましたか?その健康的な生活は未来に続く生命を維持するために必要不可欠です。例えば農薬や身体に本来不必要な成分を取り入れ続けて病気になる人が増えてしまえば、生命の危機が訪れるからです。... Read More
ゴミの分別1つで【サスティナブルな暮らし】につながる!ゴミ処理の6つのポイント
サスティナビリティ

ゴミの分別1つで【サスティナブルな暮らし】につながる!ゴミ処理の6つのポイント

Nachhaltigkeit=持続可能性は、ドイツでよく耳に目にする言葉のひとつです。同じ意味の英語でSustainability(サステナビリティ)といえばピンときますか? サスティナビリティ(持続可能性)とは・・・ 長い期間持続する効果のことです。未来に長く続く持続可能な地球を守るため、いかに環境に与える悪影響を抑えるか、環境保護につながるエコなことなどが【サスティナビリティ(持続可能性)】なのです。(引用:なんで? in ドイツ) この記事では、サスティナブルな生活を送る上で「ゴミ処理」で気を付けられることをまとめています。生活していれば絶対に出てくるゴミだからこそ、まずはそれらを減らすこと、それから出たゴミはしっかり分別することがサスティナブル(持続可能)な生活へとつながります。   サスティナブルな生活:ごみ処理の6つのポイント あなたが普通に生活する上でゴミを避けることは不可能ですよね?食べ物を食べればゴミは出るし、鼻をかめばティッシュを使ったり、トイレに行けばトイレットペーパーを使う・・・とどう考えてもゴミ0の生活を送ることは不可能です。 ただ、ちょっとでもそれを減らしたりすることは不可能ではないですよね。そんな気づきがサスティナビリティ(持続可能性)に繋がります! サスティナブルな生活を送る6つのポイント ゴミはどんな時もできるだけ避けるように心がける ゴミの分別はしっかり正しくする 生活のゴミを減らすために計画的に買い物をする 残り物も食べたり調理して使う ゴミになってしまう素材でできたものではなく、再利用できる素材からできたものを選ぶ 環境にやさしい飲物を優先的に飲む(水道水・化学製品が入っていない飲物やお茶) なんでサスティナビリティ(持続可能性)に結びつくのか? 1つ目のポイントである「ゴミを減らすこと」1つにしても、ゴミの量が減れば・・・それを燃やすためのエネルギーが削減され、エネルギーを作り出す石油などの限られた資源の使用を減り、さらには燃やす時に発生する二酸化炭素も削減することができるのです。... Read More
【環境保護】オンラインサービスを活用してゴミを減らす【サスティナブルな暮らし】
サスティナビリティ

【環境保護】オンラインサービスを活用してゴミを減らす【サスティナブルな暮らし】

世の中が便利になることに比例して、オンライン化がどんどんと進んでいますよね。それに反して書類をひとつ提出するのに、手書きが求められる場面が未だにたくさんあるなあ~と感じていませんか? それが決して短所ではなく、手書きの文字は個性が出やすく、思いが伝わりやすい長所もありますよね。しかし場面によってはオンラインサービスを活用すれば紙の消費量を減らしたり、違った環境保護につながると考えたことはあるでしょうか? この記事ではドイツで最近あったオンラインサービスを紹介するとともに、オンラインサービスを活用することでつながる環境保護について書いています。   ドイツのオンラインサービス あなたはドイツに限らず、日本において「オンライン化」にどんなイメージを持っていますか?ドイツはとんでもなくオンライン化が進んでいる国なのかと聞かれると、「そうでもない」というのが私の意見です。 しかしドイツは環境保護に対する意識や持続可能な未来への動きはとても積極的で、様々な面で地球を守るために法によって取り締まることが増えてきています。 それらも決して最近突然起こっている動きでは決してなく、長い間話し合われている分野がたくさんあるのです。 【使い捨て製品】が2021年ヨーロッパで禁止になる!プラごみを減らして環境・動物を守る オンライン化でゴミを減らす 環境保護に関する取り組みはたくさんありますが、その中にゴミを減らすことがあります。これはあなたにとっても身近ですぐにできる環境保護のひとつではないでしょうか。 ゴミを減らすことができれば、単純にゴミを燃やすエネルギー量は減って、燃やすことによって発生する二酸化炭素も削減することができます。 【環境保護】ゴミ問題を言葉とともに考えるエコな「まみむめも」 長距離列車の乗車券 2022年からドイツ鉄道では長距離列車であるICE(Intercity Express)とIC(Intercity)のチケットの車内販売を中止するようです。これによって利用者が積極的にオンラインチケットを活用することにもつながります。 そもそもドイツの駅には日本のような改札は存在しないため、大抵の場合車掌さんが車内でチケットをコントロールする時に自分の買ったチケットを提示するシステムです。 ドイツにはドイツ鉄道・民間鉄道と存在しますが、それ以外にも近隣国の鉄道も長距離列車のチケットは条件次第で、ドイツ鉄道のホームページやアプリから購入することができます。 ドイツ郵便のオンライン切手... Read More
節電・省エネで地球を守る5つのポイントと原発に頼らない【再生可能エネルギー】
サスティナビリティ

節電・省エネで地球を守る5つのポイントと原発に頼らない【再生可能エネルギー】

あなたが健康な身体を維持するためにエネルギーは必要で、水分を摂り食事をして、最低限の運動を行いますよね。 エネルギーは自然に蓄えられるものではなく、何かの力を利用してエネルギーは創り出されます。そこで再生可能エネルギーという言葉からあなたは何を連想しますか? この記事では生活に欠かせないエネルギーを利用する上で環境に負担をかけないように生活をするにはどうすればいいのか5つのポイントをまとめています。   持続可能(サスティナブル)なエネルギー 生産されたエネルギーを使い過ぎず環境を守るにはあなたが消費する時にちょっとだけ気を付ければ節約できます。 減エネルギー5つのポイント エネルギー(水・電気・ガスなど)は節約するよう心掛ける パソコンやテレビなどのスリープモードを避ける 洗濯機や食器洗浄機は低い温度を選ぶ 省エネの商品を選ぶ 再生可能エネルギーを選ぶ 節約が環境保護につながる あなたは節水・節電を心がけていますか?目的は環境保護でなくとも節約をするためである人も多いかと思います。目的が何であれ、それがもたらす結果は同じで節約目的が環境保護につながっているのも事実なのです。 しかし、なんで環境を保護する上でその節水・節電が大切なのか?ともう一歩踏み込んで、疑問を持つことが今現在求められています。最近のニュースでも、異例の寒さ・暑さの報道が世界中あちこちでされていますよね。気候変動です。 未来も最低限数十年前のような暮らしを保つためには1人1人の環境保護のための行動は必要不可欠なのです。 洗濯機・食器洗浄機は低い温度を選ぶ ドイツのWaschmaschine(洗濯機)は、温度設定があって最大90℃まで設定可能なので、なるべく低い温度で洗うと節電につながります。 洗剤も日本のように除菌剤が入ったものが普通ではないので、洗濯時の水温をあげて除菌するので、殺菌が必要ないようなものを洗う時には低温で電力を抑えて洗濯することができるわけです。... Read More
【ベジデー】Veggieday(菜食の日)発祥の街ゲントを知っていますか?【ベジタリアン・ヴィーガン】
サスティナビリティ

【ベジデー】Veggieday(菜食の日)発祥の街ゲントを知っていますか?【ベジタリアン・ヴィーガン】

ベジタリアンやヴィーガンは最近色々な場面で見かける言葉となってきましたが、あなたはどんな印象を持っていますか? コンビニのヴィーガン商品やベジタリアンレストラン、著名人が野菜中心の生活を取り入れていれていることをSNSで発信していたり、その存在を知っている方は多いのではないでしょうか? そんなベジタリアンやヴィーガンの菜食を街単位で取り入れ、お肉やお魚の消費を減らすことで環境問題に初めて取り組み、Veggieday(菜食の日)を始めたのが、Gent(ゲント)というベルギーの街です。 ベルギーは首都のブリュッセルをはじめ、アントワープなどの都市が有名ですが、それに続く都市Gent(ゲント)も、ベルギーの古郷として観光にもとってもおすすめです。 この記事ではゲントの知られていない魅力を、私が旅行した時の思い出とともにお届けします。   ゲント発祥のVeggieday(ベジデー)って何? ベルギーの街ゲントは2009年5月世界で初めてVeggieday(菜食の日)を設けた街です。学校や会社の食堂・レストランでは、毎週木曜日に肉や魚を除いた、ベジタリアンのメニューだけが提供されます。 市の行政が人的や金銭面を援助したり、100ものレストランが自発的にその取り組みに協力しているのです。この活動は国内にとどまらず、国外でも真似をする街が増えています。ドイツではBremen(ブレーメン)が2010年1月から木曜日に肉を食べない日を設けています。 ベジデ―を作ることで何が変わる? より多くの人が週に1度Veggieday(ベジデ―)を設けて食肉や魚の需要を減らしていけば、それが動物たちの命を守ること、そしてそれらの飼育や商品製造過程に発生する二酸化炭素などの地球温暖化の原因となる物質を減らし気候変動を防ぐことができたり、地球を守る動きになります。 【食肉】が環境に及ぼす影響を知れば【ベジタリアン・ヴィーガン】の偏見が無くせる? 地球温暖化はどんどん深刻化していて、気候変動による猛暑などによる乾燥で火災、大雪による災害と世界中で多くの命が奪われています。より多くの被害を出さないこと、未来を生きる人々のためには、1人でも多くの人が今すぐ自分のできる環境保護に取り組むことが必要不可欠です。 給食を菜食に 菜食の日を設ける街は世界中かなり増えている中、学校給食を菜食へと変える動きもまた至るところで行われています。最近はフランスのリヨンで決定されたことに対する批判がニュースになっていました。 魅力あふれるGent(ゲント)について ゲントはレイエ川とスヘルデ川の合流している地域に、ケルト民族の里として存在しました。中世は盛んな繊維・布産業を通して、ヨーロッパの中の大きな街のひとつとして成長し、18世紀終わりには、ヨーロッパの産業化した街のひとつとなりました。 現在は歴史的な面と現代的な面が混合した街並みが印象的で、両方の面を楽しめることはもちろん、個性あふれるお店がたくさんあるので、そういった面でも魅力あふれる街です。 Gent(ゲント)へのアクセス... Read More
【エコ】竹は1日に1メートル成長する?実はサスティナブルな【竹製品】
エコなアイテム サスティナビリティ

【エコ】竹は1日に1メートル成長する?実はサスティナブルな【竹製品】

普段最も身近たくさん消費する消耗品と言えば、紙ではないでしょうか?誰もが使うであろうトイレットペーパーやティッシュを始め、新聞を定期購読していたり、仕事場・学校でノートやメモを使っている人も多いと思います。あなたはいつも購入している紙の消耗品また商品は、どのようにして選んでいますか? よく使う消耗品である紙もサスティナブル(持続可能)な商品を選ぶことができます!サスティナブル(持続可能)な商品というのは、環境や人にやさしい商品とも言えます。 太陽光などの再生可能エネルギー 古い資源を使うリサイクル素材でできた商品 公正取引の認証を受けた商品 世の中は便利で安いものから高級品まで様々な商品で溢れていますが、ドイツではここ一年紙に変わるサスティナブル(持続可能)な商品として竹からできた商品が急激に増えています。この記事ではその竹について掘り下げたいと思います。   再生が早い!竹からできたエコな商品 最近はドイツのお店でよく見かける、Bamboos(竹)の素材からできたNachhaltige Produkte(持続可能の商品)ですが、そもそもなんで竹がサスティナブル(持続可能)なのかというのは、竹の特徴にあります。 竹の特徴 竹は1日約1メートルと、とっても早く成長して刈られても竹は死なずにまた成長します。また竹は他の慣用の木々よりも35%も多く酸素を生みだすのです。 竹は木と比べると再生力に優れているから、商品のために利用されたとしてもその強い生命力のおかげでまたすぐに成長してくれるというわけですね。 竹からできた商品はどんなものがある? 竹製の商品は木製同様にかなり幅広く存在します。意識して買っていなくても、あなたのお家の中に竹製品が隠れているかもしれません。 家具 生活雑貨 食器 ストロー... Read More
【移動手段】ひとつで環境保護につながる!サスティナブルな5つのモビリティの可能性
エコ サスティナビリティ

【移動手段】ひとつで環境保護につながる!サスティナブルな5つのモビリティの可能性

あなたは近くのコンビニへお買い物へ行く時にどういった交通手段を使いますか?環境に与える影響を見てみると、徒歩や電動でない自転車にはエネルギーは要らず、バイクや車で行けばガソリンや電気が必要で更には排気ガスが発生します。 たとえこれが短距離移動であっても、1万人の人が常にエネルギーを要する交通手段を選択していればそれが環境に与える影響は既に大きいのです。 さてこの記事では、サスティナブル(持続可能)な暮らしで意識するモビリティー(移動性)についてまとめました。あなたのちょっとした心がけで、温室効果ガスの排出量を減らすことができ、安心して生活できる地球を守ることができるかもしれません。 🌱サスティナブルにお買い物するためのポイント🌱サスティナブルな食生活🌱サスティナブルなエネルギーとは   サスティナブルな移動手段はどんなもの? 移動手段といっても、一体何が環境保護に結びつくの?と考えた時に一番初めに思い浮かぶのは、「車の排気ガス」ではないでしょうか。電気自動車の普及も広がっていてポジティブな見解もある中、地球上で起こっている異常気象は世界中どこかしらで起こっています。 ぼーっと何気なく今まで通り過ごしていては、現状悪化するしか道は残っていません。この地球の危険信号によりたくさんの人が気づいて、何か行動に結び付けることが今の地球を守るためには必要不可欠なのです。 サスティナブルな移動手段5つのチェックポイント 人によって移動手段はすぐにでも変えることのできる行動の一つかもしれません。1人でも多くの人が地球のために移動手段を環境保護につながる手段に変えることができれば素敵ですよね。 サスティナブルな5つの移動手段 短い距離は歩く、または自転車などを使う 可能な限り公共交通機関を利用する 乗合いなどのサービスを利用する 燃費のよい車やハイブリッド車などに乗る 環境保護を考えた休暇を計画する(飛行機を避けるなど) 交通手段は臨機応変に判断することが大事 例えば、燃費のよい車やハイブリッド車は決して誰でも簡単に手に入れられる訳ではなくお金が必要です。また人それぞれ健康状態が違うので、今の移動手段を変えることが困難な人もいれば、住んでいる場所によっては車移動は欠かせない人、他にもプライバシーを守るためにやむを得ず車の移動をしている人もいます。 家を建てることは環境に悪い?... Read More
目的は動物愛護だけではない。食生活以外の面も徹底された【ヴィーガン】は環境にやさしい
エコ サスティナビリティ

目的は動物愛護だけではない。食生活以外の面も徹底された【ヴィーガン】は環境にやさしい

ベジタリアン・ヴィーガンというワードは日本でも今や至る所で見かけたり、聞いたりするワードとなっています。しかし人によって得る情報が偏っているために、偏見を持つ人が増えてしまったり、なんだか悪い印象を持たれているのも現実です。 ベジタリアン・ヴィーガンの生活を送る人々の目的は人それぞれです。この記事では、そんなベジタリアン・ヴィーガンについて掘り下げています。   ベジタリアン・ヴィーガンの目的とは何? ただ「お肉を毛嫌いする人=ベジタリアン」というわけでは決してありません。ベジタリアン・ヴィーガンの生活を送る目的がたくさんあることはご存知でしょうか? 動物を死なせることや痛めつけることを望まない道徳的な理由 環境保護の為 自らの健康の為 宗教上の理由 環境保護を目的としたベジタリアン・ヴィーガン ベジタリアン・ヴィーガンの選択には様々な目的があることを知ってもらったところで、取り上げたいことが環境保護に関することです。 中でも食肉の問題はとても深刻で、動物を育てる段階から食肉製造までの過程を見るとそれらが与える環境への悪影響はとても大きいのです。 食肉が与える主な環境への悪影響 必要な土地の開拓(森林伐採) 十分でない土地で育てられる動物による空気汚染 大量の水とエサの需要 エサを生産する土地の開拓(森林伐採) 森林伐採による生態系の働きの破壊 全ての過程や問題から二酸化炭素増加... Read More