なんで? in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんとのドイツの生活

ドイツの【オーガニックコスメ】ドクターハウシュカの取り組みは人にはもちろん環境にもやさしい

これまで様々なドイツのエコ事情についてご紹介してきましたが、決して忘れてはいけないのが、ドイツのナチュラルコスメティックです。

ドイツには世界中で愛されているナチュラルコスメのブランドがたくさんあるのです。

ナチュラルコスメは身体に良いだけではなく、作られるその環境が人だけでなく自然にもやさしいとされています。

 

この記事ではドイツのオーガニックコスメの代表といっても過言ではないくらい有名な、Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)についてご紹介したいと思います。

 

ドクターハウシュカのコンセプト

ドイツ生まれのドクターハウシュカの人と環境を考えたコンセプトとは?

Dr. Hauschka(ドクターハウシュカ)のウェブサイトには、私たちの肌は自らの力で補給し、再生する。(基礎)化粧品は肌の問題を取り除くこともできなければ取り除くべきではない。と書いてあります。

それにつづき、ドクターハウシュカは、肌をきれいにし、力を持たせ、守って、彩りをつけるということをコンセプトとして、昼と夜の肌の自然なリズムを考慮する、と示されています。

ドクターハウシュカは夜用の商品に、夜のスキンケアで特に大事なオイルフリーの基礎化粧品を推奨しています。なぜなら1日の中で落ち着く時間である夜は、肌が再生する時であって、オイルを使うことによって肌が息できなくなるからだそう。

 

ドクターハウシュカはナチュラルコスメティック

  • シリコンフリー
  • マイクロプラスチックフリー
  • PEG系界面活性剤フリー
  • 合成保存料、着色料、香料フリー
  • NATRUE認証
  • 動物実験を行わない

マイクロプラスチックにも種類がありますが、化粧品に含まれているものもあり、それらは後にヨーロッパ内で禁止されるとされているそうです。

例えばマイクロプラスチックを使った角質を取る洗顔料を使ったり、合成繊維が使われた衣類を洗うと流れ出るので下水道から海洋汚染へとつながるわけです。

NATURE認証はナチュラル・オーガニックコスメの国際組織です。

 

ドクターハウシュカの環境と人への取り組み

そしてこの記事で注目してほしいドクターハウシュカのメッセージ:Nachhaltigkeit(持続可能性)と環境保護は、会社の思想に決して欠かせない構成要素である。Nachhaltigkeit(持続可能性)って何?という方は下の記事をぜひ読んでください。

 

原材料が作られている環境

成分の原材料である、植物・オイルはしっかり管理された有機農業で育てられ、その中でも可能な限りバイオダイナミック農法(循環系農業)を導入しています。

 

バイオダイナミック農法とは・・・?

有機栽培の一種であり、農薬と化学肥料を使わない。天体の動きとの調和、動物との共生、独自の調合剤の使用を特徴とする。
引用:Wikipedia

かなり特殊な農法なので賛否両論。占星術などをもとにした農業暦というのに従い、種まきから収穫をするなど、スピリチュアルな面もあったり、あくまで自然の働きに従うので、効率があまり良くなく、その環境を作り機能させることが大変なので、経済的にこれを導入するのはかなり難しいようです。

 

限りある資源・エネルギーへの配慮

  • 植物の切りくずをコンポストに利用
  • 雨水を有効活用
  • リサイクル素材で容器を作るのに利用

 

クリームをプラスチック容器に入れている理由・・・

ハウシュカのクリームはプラスチック容器に入っています。その理由として、プラスチックの製造はガラスやアルミよりもCO2排出を抑え、地球温暖化を防ぎ、資源と敏感な商品を守るために、プラスチック容器を使用しているそうです。

 

ハウシュカは今のところ、生分解性プラスチックは使っていないと主張しています。

生分解性プラスチックを調べてみると、ゴミとして廃棄された通常のプラスチックは半永久的に分解されずに残るため、それに比べると環境への負担は少ないが、通常のプラスチックより高価で、耐久性が弱い。最大の欠点はリサイクルされないという事。

ハウシュカの商品が純水な成分からできている為、それをしっかり守ってくれる素材であること、そしてリサイクルできないことを理由に生分解性プラスチックは使っていないのですね。

 

エネルギー対策も・・・

  • 自然(限りある)資源を貯蓄するために100%再生エネルギーを利用
  • 熱回収システムを導入して土の温度を保つ

 

従業員にかかわる持続可能性

  • 従業員に自転車を提供
  • 公共交通機関の費用は保障
  • 乗合いを推奨している

より多くの従業員が車通勤をすれば、車からの排気ガスはその分増えます。そのため公共交通機関の費用を負担する会社はドクターハウシュカに限らず、ドイツではとても多い印象を受けます。

 

 

またハウシュカは、救荒(飢饉の救助)対策としても、世界中でパートナーシップを取り、有機栽培植物から製油所で作られた油などを輸入。

その働き手の金銭面だけでなく、暮らす場所を整えたり、適当な衛生面を保つ補助もしているそうです。Fair Trade(公正取引)は今も大きな課題です。

公正取引について詳しく知りたい方はぜひ下の記事を読んでください。

 

 

ドクターハウシュカの商品

基礎化粧品を一般的に「これは良い商品だ!」と評価するのは難しく、人の肌のタイプによって合うか合わないかというのが分かれるのではっきりとおすすめすることはできませんが、これだけ肌を思った商品であるうえに、環境にもやさしいことは知っていただけたのではないでしょうか。

 

私自身、ハウシュカを2カ月ほど使い続けましたが、私の肌はあまり大きな効果を得ることができませんでした。肌の調子が悪くなったことは一切なかったのですが、根本的な混合肌の悩みなどは解消されませんでした。

 

しかし私の友人の彼女さんは、色んな高級化粧品を試してきたけど、ハウシュカを使って肌の調子が見違えるほど変わったと話していました。

トライアルキットもあるので、それを使って様子を見てみるのもいいかもしれません。