なんで?in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんの影響でドイツの生活も一変。環境保護、エコ、時々ベジタリアンなどの情報を発信しています。

【モビリティ】エコな移動手段について考える5つのチェック

これまで、Nachhaltigkeit(持続可能性)にカテゴリーを分けて記事を書いてきました。

日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、様々な観点から記事をまとめているので良ければ読んでください!

  • 普段使っているものが本当に価値のあるものか
  • ゴミを無意識に増やしてしまっていないか?
  • エネルギーを作り出す資源は無限にはないけど・・・

このようなことをまず疑問に持ち、色んな観点からについて考えることによって、環境や人の健康から人権までも守ることにつながるのが、持続可能性です。

さてこの記事では、持続可能性のモビリティー(移動性)についてまとめています

みなさんの普段の主な移動手段はなんですか?また旅行に出掛ける時に利用する移動手段はなんですか?

 

 

Nachhaltigkeit(持続可能性)・モビリティー(移動性)編

持続可能性、環境を守るモビリティー編

移動手段といっても、一体何が環境保護に結びつくの?と考えた時に、一番初めに思い浮かぶのは、「車の排気ガス」などでしょうか。例えばその車を移動手段として毎日の通勤に利用しているとすれば、排気ガスを減らして地球温暖化防止をする、環境を守るためにはどういったことができるでしょうか?

モビリティ(移動性)5つのチェックポイント

  • 短い距離は歩く、または自転車などを使う
  • 可能な限り公共交通機関を利用する
  • 乗合いなどのサービスを利用する
  • 燃費のよい車やハイブリッド車などに乗る
  • 環境保護を考えた休暇を計画す(飛行機を避けるなど)

モビリティーは最も実行可能・不可能が分かれる分野だと考えます

モビリティ(移動性)は臨機応変に判断することが大事

例えば燃費のよい車やハイブリッド車を手に入れるには、お金がかかりますよね。それを選択肢に入れることができる人と、できない人が出てきます。

しかし、普段車で移動する距離を電車という公共交通機関に変えることはできるかもしれません。バスであっても、それは乗合いにつながるので、あなたが使っていた車の排気ガスが排出されずに、環境破壊を緩和させ、ガソリンという資源を守ることができます。

また、短い距離を車やバイクなどを利用する人が歩く、または自転車などを使うことはできるかも?しれません。

もちろん人それぞれ健康状態が違うので、それが困難な人もいれば、暮らしている状況もしかり。プライバシーを守るために、やむを得ず車の移動をしている人もいます。

今現在世界はコロナウイルスの影響で公共交通機関を使うことは、避けるべきといわれています。実際利用者数が減っていたり、公共交通機関を移動手段にしたい人も、電車やバスを使うことによって、ウイルスに感染する可能性が高まるので、自家用車を利用するほうが感染リスクは低くなります。

正しい情報を集めて自分の意志を持つ大切さ

例えばドイツ住の私が、環境に悪い影響を及ぼすので、飛行機は乗らないと決めたならば、船という手段も海洋汚染につながるので同じ理由で使わない、ということになります。その決断は、私が家族に会うことができなくなるという選択肢も含まれているということを考えると、私にはその決断ができません。

全ての事はつまり自分次第であり、もちろん環境保護について考え、行動に移している人は尊敬しますが、全てのことを実行している人が尊敬できて、していない人は尊敬できない、とかそういうことでは全くありません。

持続可能性の知識が少しでも何かの判断の時に影響されれば、それが環境保護につながると私は思っています。

私たちの友人に飛行機に絶対乗らない人がいます。その人は、

  • 自家用車は電気自動車
  • 遠距離は飛行機を一切使わず電車で移動

日本にその友人を招待した時に、とても悩んでいたけれど、飛行機や船に乗る選択肢は考えられず、結局飛行機に乗って日本に来るという決断をしませんでした。

その決断も優先順位も人の自由です。その決断に「なんで?」と問われたときに、自分の意志で自分の意見を答えられることが重要だと私は考えます。

周りがそうしているから、普通じゃないからなどの返事はその「答え」にはならず、与えられた情報を鵜呑みにして行動に移してしまう事は、場合によってはとても危険なことに繋がりかねません。