なんで?in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんの影響でドイツの生活も一変。環境保護、エコ、時々ベジタリアンなどの情報を発信しています。

【エコ】廃棄物の処理で気を付けられる6つのチェックポイント!ドイツのリサイクルシステム

Nachhaltigkeit(持続可能性)は、ドイツでよく耳に・目にする言葉のひとつです。

 

 

普段使っているものは一体どこで作られたんだろう?と考えたことはありますか?

例えばそんなことを考え、環境や人にやさしい商品を選択し使うことが、Nachhaltiges Leben(持続可能な生活)に繋がります。

この記事では持続可能性の廃棄物・処理編をお届けします。

 

 

Nachhaltigkeit(持続可能性)
廃棄物・処理についての6つのチェックポイント

 

  • 廃棄物はどんな時もできるだけ避けるように心がける
  • ゴミの分別はしっかり正しくする
  • 生活のゴミを減らすために計画的に買い物をする
  • 残り物も食べたり調理して使う
  • 廃棄物になってしまう素材でできたものではなく、再利用できる素材からできたものを選ぶ
  • 環境にやさしい飲物を優先的に飲む(水道水・化学製品が入っていない飲物やお茶)

 

ゴミを減らす、キッチン周りのエコ商品



私が旦那さんに出会うまで普通に何も考えずに消費していたものといえば、サランラップです。

なにかと冷蔵庫で保存するときはサランラップを無駄に使っていました。気を付けるようになってから、今は一切使っていません!

蜂蝋の保存用ラップ

・約9ユーロで購入したWrappy-Bienenwachstuch

 

大きいサイズとそれより一回り小さいサイズが1つのパックに入っていて、サランラップやアルミホイルの代わりに使うことができます。

原材料はこれらからできでいます。

 

  • オーガニックの綿蜜蝋
  • 樹脂
  • ホホバオイル

このWrappyは約500回使えると記載されているので、500回利用したサランラップのゴミを想像すると、このWrappyでかなりの量のゴミを減らすことができそうです。

何度も繰り返し使えるBackpapier(クッキングシート)

よくオーブンを使う方は、繰り返し使えるものを利用していますか?毎回紙のクッキングペーパーのゴミを出すより、洗って繰り返し使えるものを選べば、ゴミはたくさん減らせますよね。

ただガラス加工のものは、ある程度の温度を超えると、身体に対して有害物質を発生するので注意が必要です。

ゴミを減らす、バスルーム周りのエコ商品



うちのバスルームも3カ月前くらいから変わりました。

包装の少ないSeife(石けん)

  • 手洗い用の石けん
  • 固形シャンプー
  • 固形トリートメント

液体のシャンプーやハンドソープは大体がプラスチックの容器に入っているので、包装が少ない石けんを使うことで、プラスチックのゴミ・シリコンの入った製品などを避けることができます。

  • 詰替え用を買う
  • リサイクル素材でできた容器を使った商品を買う

これらの決断も、限りある資源を節約することにつながります。

 

Zahnbürste(歯ブラシ)

歯ブラシは木や竹でできたものを最近ドラッグストアで見かけるようになりました。そういった素材からできた商品を選ぶこともまた、プラスチックごみを減らすことにつながりますよね。

 

私たちもプラスチックゼロの生活をしているわけでは決してありませんが、できるだけ減らそうと工夫している感じです。使用を減らすことも大事ですが、使った普通のプラスチックゴミはリサイクルすることでまた生まれ変わることができるので、正しく分別することも環境保護にとって、とても重要となります。

ドイツのゴミ分別事情



ご存知の方も多いとは思いますが、ドイツでは下記ほぼ全てのものにPfand(プファンド)というものがついています。

  • ペットボトル

Pfand(プファンド)マークがついたものや、Mehrweg(メアヴェック)と表記のある空き缶・瓶・ペットボトルはスーパーマーケットなどに設置された機械に通すとお金が帰ってくる仕組みになっています。

このシステムによって、廃棄物として捨ててしまう事や、分別せずに捨てることを避けることができるのですね。

また、街中や道端の公共のゴミ箱の横にビールの空き瓶が置かれているのを週末などはよく見かけるのですが、これはポイ捨てではなく、ゴミを回収する人がPfandの付いた空き瓶だと分別してくれるようにしているのです。

ゴミ箱といえば、ドイツは街の至る所に大きなコンテナーが置いてあるのですが、そこにPfandのない瓶のゴミや大きな紙のゴミを捨てられるようになっています。

また背の高いコンテナーを見かけることもあるのですが、それらは要らなくなったり使わなくなった服を入れる用なのです。

 

身近にそういったものを処分できる場所があることはとても便利で、面倒で可燃ゴミとしてなんでもかんでも一緒に捨ててしまう人を減らし、本来リサイクルされてまた生まれ変わることができるゴミをしっかり分別し集めてくれるのです。

 

さいごに、一人一人ができること

 

日本はおそらくプラスチックを大量に消費して、ゴミとして大量に捨てている国の1つだと思います。

 

以前の一時帰国の際、私のおばあちゃんが手土産として渡してくれたクッキーの箱詰めをドイツに帰って、旦那さんの家族と開けたことがあります。

開けた瞬間、まるで宝石箱の様にプラスチックの個包装がキラキラしていて、見た目はもちろんとってもきれいで、クッキーもサクサクでおいしい!・・・ただ食べ終わったあとのプラスチックゴミの山をみて、皆悲しいというか残念な感情が・・・。

 

見た目も食感も良いに越したことはないけれど、それを優先させるがあまり、大量のプラスチックを使わなければいけない現状は避けたいですよね。

 

プラスチックの原料でもある石油は限りある資源であり、いつまでも限りあるものではありません。

そしてそのプラスチックごみの処理は、再利用も進んでいますが、処理しきれない素材のものも、まだまだ出回っているのが現状です。

現在存在するプラスチックは、元をたどればたくさんのエネルギーと限りある資源を使って作られたもので、分別されずにゴミとして捨てられてしまえば、また足りなくなって生産するのに多大なエネルギーと資源が必要になるのです。

  • 分別すれば→リサイクルされて生まれ変わる
  • 分別しなければ→ゴミとして残ったり海洋汚染につながる

分別してゴミに出すことでそれは大きな違いとなるので、正しくゴミを分別することはとっても大事なことなのです。