なんで? in ドイツ

なんで?が口ぐせの旦那さんとのドイツの生活

【ベルリン】サスティナブルなホテル【環境問題】を配慮した素敵な取り組み

別の記事でベルリンのサスティナブルなクリスマーケット巡りをしたときに回ったマーケットをまとめましたが、実はその時宿泊したホテルもサスティナブルなホテルだったので、この記事では、そのホテルの取り組みやどんなところがサスティナブルなのか?をまとめました。

 

 

そのホテルについて調べていると、経営者の方が「持続可能なホテルを建てる準備は大変だけれど持続することは簡単だ」と書いているのを目にしました。

それは普段の生活でも言えることで、私たち夫婦も環境にやさしい家具・家電を選ぶにしても、本当に信頼できる良い商品を見つけるためには、しっかりとリサーチするために時間を使うことで、長持ちする一生ものに出会うことができたりします。

また、サスティナブルな生活を意識して変えた習慣がはじめはやはり慣れないですが、いつか当たり前になって、その新しい習慣が「普通」になって続けることは決して難しいことではないことに気が付きます。

 

この記事で紹介することはサスティナブルなホテルの取り組みですが、個人の生活にも応用できるものがたくさんあるのでぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

サスティナブルなホテル in ベルリン

私たちが泊まったホテルはベルリン市内にある、Lulu Guldsmedenというサスティナブルなホテル。最寄駅のPotsdamer Platz(ポツダマープラッツ)はソニーセンターがある駅で、有名なベルリンフィルの本拠地であるフィルハーモニーの方向に15分ほど歩くと、そのホテルがあります。歩くのを避けたい場合はバスも通っています。ポツダマープラッツはどこにでもアクセスがいいので市内観光の移動には困りません。

 

Guldsmedenはデンマークの首都コペンハーゲンのホテルチェーン。木を基調としたインテリアはやすらぎを与えてくれて、アメニティは全てBIOオーガニック商品で香りも癒し系。2泊3日の滞在はとても快適なものでした!

 

 

サスティナブルなポイント

お部屋に入るとなぜだか分からないけど、なんだかとても落ち着く雰囲気に包まれます。その理由はこだわりぬかれた工夫の数々を知ることで明らかになります。

 

サスティナブルなお部屋の家具

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Guldsmeden Hotels(@guldsmedenhotels)がシェアした投稿

 

木材を基調としたお部屋は、リユースとリサイクル・アップサイクル(元の製品に新しいアイデアを用いて新しいもの・価値の高いものを生み出すこと)されたヴィンテージ家具や、オーク材・籐・竹などの持続可能な素材を使用した家具を取り入れていたり、エネルギー使用量を削減するために天井には天井ファンが。

 

Point

家具を選ぶときは、竹などの持続可能な素材を積極的に選んだり、アップサイクルされたものやセカンドハンドで見つけたりすることで環境への負担を減らすことができる。

 

サスティナブルな寝床・ベッド

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Prolana GmbH(@prolana_naturbettwaren)がシェアした投稿

 

宿泊する上で一番大切と言っても過言ではないベッドは、Prolana(プロラナ)というドイツの会社が製造する、天然ラテックス、ココナッツの繊維、ラクダ・ヤク・羊毛や絹・綿などを使ったマットレス・枕・布団を使用。

 

枕カバー・ベッドの天蓋などは、Underprotectionというブランドによって、さまざまなデザインや生地をカスタムメイドされたもの。それらのものはFair Trade(公正取引)・Oeko-tex、およびGOTS認定商品です。材料は主にヴィーガンとPETA承認済みで、非ビーガン材料のみがリサイクルウールとミルクファイバーが使用されています。

 

Oeko-Tex:

「繊維生態学の分野における研究と試験のための国際協会」の統一された試験および認証システムであり、繊維の生、中間、および最終製品のすべての処理段階が含まれます。

 

GOTS:

Grobal Organic Textil Standardの略称で、オーガニック製品の原料の栽培からお店に並ぶまでの全過程においての環境要件と社会的基準を審査する組織。

 

環境保護を考えた布製品

ベッドのベッドリネン、そしてお部屋にあるタオルもまた、GOTS認定のオーガニックコットンで作られている。ベッドリネンは耐久性のためにリサイクルポリエステルと混合されている。

 

Point

商品を選ぶときに、GOTSのようなラベルは信頼できるひとつの手掛かりになります。また、布製品は洗うことを余儀なくされるものなので、耐久性について考えることも大切ですね。

 

 

サスティナブルなアメニティ

 

Lulu Guldsmedenのアメニティ・バス用品はiLoveEcoEssentialsというオーガニック・ナチュラルコスメブランドのもの。動物実験のないコスメティックで、癒される香りがとても魅力的です。

小分けされたアメニティは最低限のものしかありませんでした。衛生面の気になる歯ブラシやコットンを除いて、バス用品の入ったiLoveEcoEssentialsのボトルは、リサイクルおよびリサイクル可能な素材で作られ、すでに製造されたプラスチックを再利用したものです。

 

またお部屋には、詰替え可能なウォーターボトルが置かれていて、一見普通のプラスチック素材に見えますが、調べてみるとそれは100%リサイクル素材でできたもので食品接触があっても安心して使うことのできる素材でできたウォーターボトル。

 

 

節水バスルーム

バスルームには革新的なNASAテクノロジーに基づいた、節水型のOrbital-Systemsシャワーが装備されていることによって、水の消費量を50〜90%節約してくれるそうです。

 

Point

自宅のシャワーも節水できるものを選ぶことができますよね。私の家では、シャワーヘッドは急いで買ったときのものだったので、ノズル部分に簡単に設置できる網のような部品を入れることによって節水しています。

 

≫≫ 【日本製】シャワーヘッド 節水 日丸屋製作所

 

地球にやさしいレストラン

私たちはクリスマスマーケットを堪能したのでホテルのレストランで食事する機会はありませんでしたが、飲食面もまたホテルのこだわりの1つ。

  • 地元のオーガニック食材や飲料を使用
  • 90%を超えるオーガニック食品を意味する公式のGoldenØラベルを取得
  • すべてのホテルで食べ物の無駄をなくし、残り物で新しい刺激的なものを作り出すための新しい方法と技術を常に模索

 

Point

地元の食材や旬なものを選ぶこともまたエコ。環境問題を配慮したオーガニック商品を選ぶのはさらにエコ。残らないように無駄をなくすこともエコですね。

 

 

Lulu Guldsmeden Hotelへのアクセス

 

電車 Berlin Hbf→ RB10/ RE3, 4, 5で2分 → Potsdamer Platz下車 徒歩15分

バス Berlin Hbfから M85で12分 Lützowstr./ Potsdamer Str. 下車すぐ

タクシー Berlin Hbfから7分

 

Potsdamer Straße 67, 10785 Berlin – Germany

Lulu Guldsmeden - Hotel in the center of Berlin - Best Prices

 

おまけ:ベルリンのサスティナブルなホテル

まだまだたくさんあります。また普通に旅行できる日がくれば、ぜひベルリンに。そしてサスティナブルなホテルをぜひ体験してみてください!